30歳になりましたのでブログの再開

Facebook にシェア
Pocket

気づいたら、1年3ヶ月ぶりの投稿となりました。一度、投稿間隔が空くと投稿しづらくなってしまうんですよね。前にも似たようなことを書いた気がするのですが……。

何かきっかけがあれば再開できると思っていたんですが、よくよく考えたら2月25日が30歳の誕生日なのだから、ちょうどいいきっかけになると思って再投稿します(見てる人には関係ない)。今後は続けて投稿するようにしたいです(何回か同じことをこのブログで書いた気はしますが)。

とりあえず、投稿していない間に何があったかについて、技術的なこともそうでないことも含めて書いていこうと思います。

投稿していない間に参加したプロジェクトでの経験

投稿していなかった1年3ヶ月の間に、仕事で下記のツールやプログラミング言語に携わりました。

  • Azure
  • VB.NET(XAML)
  • C#(XAML)
  • Crystal Reports(帳票アプリ)
  • Java
  • Eclipse
  • SVF(帳票アプリ)
  • 楽々フレームワーク(Javaのフレームワーク)
  • DB2

下5つが今やっている仕事で関わりのあるツールとプログラミング言語です。Javaは昔、Androidアプリの作成で使ったことはあるのですが、ちょっとした修正作業程度だったので、ほぼ初めてです。ですが、Javaについて詳しい人が別会社から派遣できてくれて、その人に「そんなことも知らないの?」という感じで接せられてげんなりしています。例外を「エラー」というとダメだそうです。

楽々フレームワークというのは初めて知ったのですが、正直、全然楽々ではありません。何を持って楽々といっているのか分からないでいます。

最初のAzureというのは、初めて派遣契約で会社の外での職場で経験しました。クラウドプラットフォームを初めて使ったということもあって、ある程度勉強にはなったのですが、正直もう外では仕事したくないです。

後、仕事とはちょっと違うかもしれませんが、調査でWebSocketを触ったりしました。名前はよく聞きますけど、思ったよりややこしかったです(特にサーバー側の仕組み)。

このブログを通じて仕事をもらった

ちょうど更新が止まってすぐぐらいなのですが、ブログを見たという人からコメント経由で仕事の依頼がありました。内容は、FlashサイトをHTML5化してスマートフォンでも動くようにしてほしいというもの。こんなことは初めてだったので、半信半疑で受けたのですが(副業として)、なんとか終わって報酬の6万円をいただきました(自分が6万円と伝えたんですが、ちょっと安く見積もりすぎたかもしれないです。いい経験にはなりましたけど)。

仕事が完了した後も引き続き、仕事を依頼したいとお願いされたのですが、思ったよりも大変だったので、迷った末、お断り。クラウドソーシングのサイトなどを紹介して、それ以降は連絡ないです。それがよかったのか悪かったのか……。

ちなみに、この副業で初めてスマートフォンでは自動で音を鳴らすことができないと知りました。迷った末、AndroidかiOSの場合は起動時に一回タップしてその時に音声ファイルをとってくるという仕様にしたりしました。

ただ、ちょっと気になったのが、依頼者の息子さんとも少しやりとりしたのですが、その方がかなりハイスペック。アメリカでiPhoneアプリを作る仕事をしているのだとか。「これ、僕に依頼する必要ある?」なんて思ったりしました。そもそも、依頼者自身もFlashアプリは自分でActionScriptを使って作ったというから、それなりの腕前はありそうでした。

まあでも、HTML5やJavaScriptについては、それなりにブログに書いてきたので詳しいと思っていただいたのかもしれないです。個人的には最近、PWA(プログレッシブ ウェブアプリ)が気になっているのでもう少し掘り下げて勉強していきたいです。

会社に誘われましたが、話が無くなりました

このブログは、実名では書いてませんが知ってる人が見たら誰が書いてるかぐらいは分かるので悩んだのですが、書きます。

今年の1月に、今の会社に誘ってくれた人が会社を辞めたのですが、その人が新しい会社を作るということで誘われました。正直、お金をだしてくれる人がいたり、事業が多岐にわたっていたりと怪しいところはあったのですが、それなりに乗り気ではありました(他にも同じ会社で誘われた人がいます)。

ただ、自分を誘った理由となる仕事が取れそうにないため、とりあえず無くなりました。ちなみに
取れなくなった理由は今の会社の社長に邪魔されたからというもの。共通の知り合い経由でバレたそうです。確かに、話しだしたらよく喋る人だったしなぁ……。というわけでまあ、少なくともしばらくは今の会社に居座ろうと思います(一応、今のところ転職は考えていません)。

ちなみに、この話を父にしたところ、「辞めたい人は止めないが、さすがに同じ会社の人間を何人も誘って会社を作ろうとしていると知ったら怒る」とのことでした。確かにそうだろうと思います。ただ、もともとの予定では、新しく作る会社を作っても今自分が働いている会社の社長とは仲良くしておいて、派遣か請負で仕事を手伝ってもらう予定だったそうです。正直、それに関してだけは、そんなにうまくいくのかと疑問に思っていたのですが、やっぱりうまくいきませんでした。

paizaがSランクになりました

amyu さんの受験結果|問題:S010:ひとりすごろく

ついさっきですが、Sランクになりました。paizaは転職サイトなので、求人メールがちょくちょくくるのですが、たまに応募しようか迷います。ただ、Sランクになった上記の問題はちょっと考えたら簡単な問題だったのでビックリしました(簡単すぎて、自分の考えのどこか間違っているだろかと考えるのに、時間がかかりました)。これをSランクといっていいものかと。なお、同じくSランク問題の「データヒストグラム」は再チャレンジして何回か繰り返しても最後のテスト10だけとおらず、あきらめました。デバッグできないのが辛いです。

ちなみに先日、派遣で来てくれている人2人(どちらも別の会社)がpaizaのランクがどうなったかと話していてpaizaの画面を開いていたときは、さすがに止めようかどうか迷いました。

(2018/02/26追記)応用情報技術者試験に合格しました

応用情報に合格したのを書こうと思って忘れてました。昨年の秋に応用情報を受けて無事合格。会社から受験料と奨励金として2万円でたのがよかったです。

勉強方法としては、応用情報の参考書を一冊買って一通り読み、後は応用情報技術者試験ドットコムで過去問を何度も解きました。

前日まで上記サイトの模擬試験で午前は70点ぐらい、午後はギリギリ6割分かるかどうかという微妙なところだったのですが、終わってみると午前80点、午後89点と結構な高得点で合格できました。午前より午後のほうが高得点とは思わなかった。

GLAYのファンクラブに加入

技術にも仕事にも関係ないこと1つ目。

高校生のころから、GLAYが好きではあったのですが、好きといってもTSUTAYAでベストアルバムをレンタルしてiPodにいれたのを聞く程度の好きでした。ただ、昨年の3月ぐらいにYouTubeにGLAYチャンネルがあるのをしってPVをずっと流しっぱなしで勉強したり、Gyaoで「GLAY EXPO 2014 TOHOKU」の映像が無料配信されていたので見ていると、GLAY熱が高まり、ファンクラブに加入。古いアルバムなどをブックオフ(といったらファンの人には怒られそうですが)やアマゾンで買い、25000円もするG-DIRECT限定Special Editionのアルバム(SUMMER DELICS)を買い、9月に大阪城ホールでライブがあったので一人で行ってきました。

まさか今頃になってこんなにはまってしまうとは思いませんでした。先日、GLAY公式アプリなるものが登場したので、登録しようか迷っているところです(曲はiPodで聞けるし、ライブ映像は購入したライブDVDもまだ全部見れてないぐらい見る時間ないし、それで月額980円はちょっと考えます)。

そうそう。昨日、バースデーカードも届きました。

バースデーカードが届くのは知らなかったので、驚き。

そういや昔、休日出勤した帰りに御堂筋線に乗ったら、やけにGLAYファンっぽい人がいっぱいいた時があったような気がする。記憶が曖昧だけど、多分、長居スタジアムでのライブの日だったんだろうな。何であの時からファンクラブに入るほどファンじゃなかったんだと今更になってショックを受けてます。

楽天マガジンに加入しました

技術にも仕事にも関係ないこと2つ目。

楽天マガジンに昨年の11月か12月の頭ぐらいに加入しました。

なんとなく名前ぐらいは知ってたのですが、調べて内容と値段を知り、あまりにもオトクすぎるサービスだと分かって驚きました。だいたいザッと目をとおすぐらいですが、新たに知ることももちろん多いので、役立ってます。

なお、同じく月額サービスのamazonプライムにも一応、入っては見たのですが、そんなに買い物するわけでもないし、動画もそんなに見ないしで、自分はお得に使いこなせていません。いい使い方を思いつかなかったら、辞めようと思います。

財布を購入しました

技術にも仕事にも関係ないこと3つ目。

自分が今までもっていた財布は就職浪人中に母が買ってくれたやつです。使い勝手は悪くはなかったのですが、自分がカードをいれまくったりしたせいかすぐに分厚くなってしまいました。そんな財布をズボンの後ろポケットにいれているせいか、ここ数ヶ月に続けて2着、ズボンのポケットが破れました。

多分、分厚いせいだなと思って、abrAsusというブランドの薄い財布という名前そのままの財布を購入しました。色は緑です。昔、ゲッターズ飯田が薄い財布で緑色が金運アップと言っていたので(風水や占いを信じているわけではないですが、一応)。

ちょっと使いづらいところはありますが、なれたらそんなに不便ではないです。小銭入れが999円入るようになっているので、基本的に999円いれるようにしています。

なお、カードを入れるスペースが少なくなったので、スマートフォンのケースを手帳型にしてそこにいくつかカードをいれるようにしました。ただ、最近になって、LINE Payカード楽天カードを申込んだので、カードの枚数は増えているという。

携帯電話の通信会社をauからmineoに変更しました

技術にも仕事にも関係ないこと4つ目。

昨日のことなんですが、通信会社を10年以上使っていたauからmineoに変更しました。端末そのままです。来月は高額な請求がきそうですが、多分、ある程度続けていると結果的に安くなると思っています。

LINE Payカードや楽天カードを申込んだのは、au解約にともなってau walletを使うメリットが無くなるからという理由でもありまして、うまく活用していきたいです。

結婚相談所に登録しました

技術にも仕事にも関係ないこと5つ目。

別に急いでいるわけではないのですが、30歳になったこともあり、ちょっと今年は本気で取り組んでみようと思って昨日、ゼクシィ相談カウンターに登録しました。結構なお金がかかるのでさすがに迷ったのですが(これでも安い方)、とりあえず今年はがんばってみようと思います。

ちなみに、彼女いない歴30年の女性経験なしです(いわゆるDTです)。人見知りで話下手です。

他にも、「皮膚科変えたらアトピーがかなりマシになった」など、細かいことはいろいろあるのですが、このへんで。本当は今年やろうと思っていることも書くつもりだったのですが、長くなったので次回書こうと思います。

インフルエンザになりました

Facebook にシェア
Pocket

久々に普通の日記です。

インフルエンザで先週の土曜日から倒れてました。月曜日になって体温は下がったものの、現在もまだ病み上がりで頭がクラクラしています。

事の始まりは金曜日の昼ごろ。昨日にジムに行っていないというのに、やけに足にダルさを感じました(倦怠感)。ただ、ダルさは感じながらも、疲れてるという感じはせず、あまり気にしないで仕事を続けることに。といっても金曜日は特別やることがなく、だからといってダルいので仕事がないか上司に尋ねるのも億劫だったので、前からやろうと思っていたこと(もちろん、仕事に関すること)をずっとやっていました。そうして17時過ぎ、火曜日頃からずっとマスクをして咳も止まらない様子だった上司が早めに帰社。ここ数日はずっと早退していたが、金曜日は少し体調がマシになったのか、遅めの早退(この言葉の使い方はどうなんだと言われそうだが)。自分も特にすることがなくなったので、普段より少し早めに会社をでた。確か、18時すぎだったはずだ。

もちろん、足はずっとダルい状態が続いていた。じゃあ、そのまま家に帰ったのか。と思うかもしれないが、実はそんなことはなく、「ジムで運動や筋トレしたらリフレッシュになって案外よくなるかも」と思ってそのままジムへ。ちなみに自分は、だいたい月・水・金にジムに行くことにしている(もちろんそれ以外の日に行くことはあるし、実際先週は月・水は行かずに火曜日に行った)。さて、さっそく普段どおりマシントレーニングをやろうとしたものの、中には普段の負荷量ではなかなかトレーニングできないマシンがあったの、少し負荷(重さ)を下げてトレーニングすること。合間合間にバイクマシンにも乗り、テレビで妖怪ウォッチスペシャルを見ていたりした。

ジムについて一時間後、普段だいたい3セット分のトレーニングをやるが、どうも疲れてきたので2セットでやめて帰ることに。着替えて熱めの温度でシャワーを浴びたが、なんだ寒かったのを覚えている。その後ジムに出て駅まで歩いている最中、かなり徒労感があった。ジムに行ったのはどう考えても逆効果だったなと思いながらも、「帰ったら寝るか」程度にしか考えていなかった。

電車では最初からは座ることができず。やけにつかれていて、立つことすら辛い状況だった。さらには、睡魔まで襲ってきたので危うく立ちながら寝る所だった。幸い、途中の駅で座っていた人が降りたのでそこに座ることに。そのまま寝たのだけど、降車駅についたら立ち上がるのがしんどかったのを覚えている。

帰ってから母に、「昼から足がダルい」と言うと、やけに驚かれ、そして不安がられた。どうやら、インフルエンザの特徴らしい。でも、インフルエンザならもうちょっとしんどいだろと思った自分は、インフルエンザではないと思ったのだけれども、熱を測ると38.2度。最近の自分は、高熱かもしれないと思って計ってみると36度後半とたいしたことない熱という結果のことが多かったのでこれは驚きました。確かにダルかったけど、まさかこんなに高熱だったとは。今まで、こんなに高熱があったらもうちょっとしんどかったような気がするのですが。

というわけで翌日の朝、内科に行ってきました。歩いて5分以内の場所にも内科はあるのですが、正直あまり好きじゃないので、原付きバイクでもう少し離れた内科に行くことに。なお、この時には足にダルさはほとんど感じていなかったです。内科につくと問診票を書き、体温計を渡されたので熱を測ることに。が、この体温計がやけに通知音が鳴るのが遅い。うちにある体温計も3分~5分ほど待たされるけど、それよりさらに遅い。聞き漏らしたか? と思って、再度測り直すもの、なかなか音が鳴らない。と思っていたら、受付の人がやってきて、「たまに鳴らないことがあるんです」と。体温計を外してみると、38.5度だったので、それを問診票に書いて渡した。その後、他の人と共同の待合室ではなく、『点滴室』と書かれた部屋に入れられる。いわゆる、隔離ですね。15分ほどして呼ばれ、いつからどういう症状かを話してインフルエンザ検査をするため、鼻に紐状のものを入れられる。再度、点滴室に入って10分後、結果が出たようで再度呼ばれた。

結果は、『陰性』。確か、5年ぐらい前もインフルエンザ検査を受けると陰性だったんですよね・・・。で、インフルエンザ用の薬(多分、タミフル)を飲むとだいぶよくなったという。インフルエンザ検査って陽性がでるとほぼ確実にインフルエンザらしいんですが、陰性がでてもインフルエンザの可能性って高くないですかね・・・。発症して早い内だとインフルエンザでも陰性になる可能性が高いそうなんですが、なんとかならないもんかなぁ。アンチウイルスソフトだって偽陰性率を日々下げようと努力してるわけだし(また違うけど)。

風邪という診断で、ツムラ麻黄湯エキス顆粒とカロナール錠200という薬を処方してもらった。ツムラ麻黄湯エキス顆粒は3食の食前、カロナール錠のほうは38度以上の発熱の時に飲むようにとのことだった。このカロナール錠というのがすごい効き目で、飲んで寝ているとやけに汗をかき、一時は36.7度まで熱が下がった。ただ、またしばらくすると熱があがってきた。

内科の先生によると、日曜になっても熱が下がらないようであれば、休日応急の診療所にいくようにとのことだった。で、日曜の朝、熱を計ってみると37.9度だった。微妙に下がってはいるものの、まだまだ高いといえるし、体調も相変わらずだ。というわけで、教えてもらった休日応急診療所に行くことに。自分は宝塚市に住んでるのですが、宝塚市では市役所の横でやっていました(参考:休日・救急診療 | 宝塚市医師会)。こんな場所があるなんて初めて知りました。

待合室の人数はいるにはいるのですが、だいたい想定内。ただ、どうもスタッフの人たちがのんびりしているような気がしました。まあ、日曜にやってくれてるだけありがたいですが。診療所について50分後にようやく体温計を渡されて熱を測ることに。測ると体温は37.3度。あれ? 微熱じゃん・・・。もし、うちで測ってこの温度だったら来なかったぞ。そうして10分後、名前を呼ばれていつからどういう症状かを話した。ただ、熱が37.3度だったこともあり、やっぱりインフルエンザじゃなくてただの風邪なのかと思い始めていた。どうも先生もそう思っていたらしく、インフルエンザ検査を受ける前も「どうする? 一応、受けてみる?」とインフルエンザではないだろうと思っている様子。ただ、自分としてもここまで来たし、もともとそのつもりだったので、受けることに。土曜日の先生とくらべてやけに奥までいれられたうえに、やけに長い時間いれられました。これが辛い。偽陰性もそうだけど、この検査方法もどうにかならないものか。だいたい、インフルエンザは空気感染するような症状なのだから、口から息を吐いてその息から検査ということはできないもんなのだろうか。

結果は、『陽性』。A型のインフルエンザです。思わず、「えっ?」と言ってしまったような気がします。それだけ告げられると、隣の部屋で待つようにいわれ、しばらくすると薬剤師さんがやってきて薬を持ってきた。一つは土曜も処方してもらったカロナール錠200。今度は毎食後に飲むようにとのことだ。もう一つはイナビル。こっちは吸入型の薬で、一回吸うだけで数日間効き目が持続するらしい。今ってタミフルじゃないんですね(参考:インフルエンザ特効薬「イナビル」がすごいらしい – NAVER まとめ)。だいたい、インフルエンザというものは肺で感染・増殖するものですし、吸入型のほうが確かに直接ウイルスを退治しにいけるんでしょうね。でも、そうならやっぱり検査のほうももっとなんとかできないものかと思ってしまう・・・。

インフルエンザと分かったため、帰ってから休みなのに連絡していいものか迷ったけれども、上司の携帯電話に連絡して、インフルエンザという旨と明日休むということを伝える。

で、次の日の月曜日にはすでに平熱を下回っていました。ただ、病み上がりでやけに頭がクラクラするのが未だに続いています。なんだか、今までの病み上がりとくらべてかなり症状が悪い気がするのだけれども、いっつもこんなにひどかっただろうか・・・。そもそも、子どもの時は病み上がりってあっただろうか。熱が下がったら普通に学校に行って、自宅療養なんてしてなかったような気がするのだけれども(多分、覚えてないだけ)。いったいいつまでこの頭のクラクラは続くのだろう・・・。

実は、母からずっと予防接種受けろと言われてたんですよね・・・。受けない結果がこの有り様です。来年からは受けるようにしたいと思います。

神戸ITフェスティバル2014に行ってきた

Facebook にシェア
Pocket

去年行って面白かったので今年も有給とって行ってきました。
神戸ITフェスティバル2013に行ってきた(一日目) | while(isプログラマ)
神戸ITフェスティバル2013に行ってきた(二日目) | while(isプログラマ)

聴講したセミナーは以下のとおり。
1日目

2日目

今年はセミナーも展示も昨年とくらべてかなり増えていたように思います。ただ、昨年のいまいち萌えない娘を全面に押し出したサイトやKOBerrieSのライブなど、ITイベントらしくなく、それでいて面白い感じはあったのですが、今年は普通のITイベントという印象。しいていうなら、お子さんが多かったという点では他のITイベントとは違うかもしれません(自分には関係ないですが)。
でも、よくよく考えたら、攻殻機動隊 展示ブースというのがあったので、そこはちょっと雰囲気違ったかも? ただ、自分自身がこのアニメをよく知らない(オープニングはニコ動で見たことある程度)ので、特別何も思わなかった(好きな人は興奮したんだろうけど)。

それ以外の点でも、去年のほうが面白かったかな。まあ、何事も初めて行った時のほうが面白く感じるもんかもしれませんね。関西オープンソースのイベントも初めて行った時のほうが面白かったですし(ただ、自分が初めて関西オープンソースに行った時は、Google,Microsoft,Mozilla,Operaのブラウザベンダーの講演やセミナーがあったので、すごかったです)。

他にも今年はセキュリティやウェアラブルデバイスについてのセミナーや展示が多かった印象。そうそう、今回の初めて、OWASP Kansaiという団体を知りました。そもそも、OWASPという団体すら、知らなかったのですが、Webアプリケーションのセキュリティ改善に向けた啓発、研究活動を行う非営利団体だそうです。自分も最近セキュリティについて気になってきて、先日も情報セキュリティ入門 第3版という本を読んだところです(図書館で借りた本ですが)。うちの会社のサイトもこういう点は弱いので、改善していきたいです。

セキュリティといえば、1日目に開催された情報セキュリティForumがある意味すごかったです。近畿二府四県の警察局のゆるキャラが大集合で圧巻でした。もしかして、全国の都道府県の警察局にゆるキャラがいるのだろうか。はたして、必要なんだろうか。
近畿管区警察局のゆるキャラ達集合” width=”120″ height=”120″ class=”alignnone size-full wp-image-600″ />
自分はどのキャラも知らなかった(兵庫県のこうへい君・まもりちゃんなら見たはあるような気はした)のですが、滋賀県の『けいたくん』の落ち着きのなさに笑いました。滋賀県の取り組みを紹介してる人が途中で中断してけいたくんに注意するほど(それでも落ち着きなかったけど)。そっちが気になりすぎて、滋賀県の取り組みについては全く覚えてませんし、メモもとれませんでした。

そういや、このフォーラムの後半のパネルディスカッションで知ったのですが、現在の法体制は情報ではなく、物に価値を置いているようで、例えば情報を盗まれても不処罰だそう。そういう点でも企業がちゃんと対策しないといけないのかもしれませんね(法で処罰があるから対策しなくていいというわけではないですが)。

大学教授の金出武雄さんや松田卓也さんの話は研究発表みたいな講演でした。どちらも興味深かったのですが、金出さんの話は本当にすごかったです。自分が無知だっただけですが、1990年代にすでにそんなことができたのかと驚く話がいろいろありました(3次元復元とか自動運転とか)。
さらに、現在研究していることも衝撃でした。夜の雨の運転でヘッドライトにあたった雨が反射して白く見えてしまうため、周りが見えにくいため、雨の部分だけ光をあてないようにする技術。ある程度、実証実験で成功しているようなのですが、そんなことができるのかと驚きです(ヘッドライトにはプロジェクターを使うそうです)。

後、ウェブ制作を仕事にしている自分としてやっぱり気になったのが、HTML5の話。HTML5の現状と未来という話は、それなりに知ってる(ただし、やったことはない)話だったのですが、ものすごく面倒に感じました。本当にそこまでやらなきゃいけないのかと(JavaScriptフレームワークに、altJSに、CSS preprocessorに)・・・。こういう話聞くたびに思うのだけど、本当にそこまでやれてるのだろうか。YEAMONとGrunpでだいぶ効率化できるそうだけど、JavaScriptとCSS以外にaltJSとCSS preprocessorの書き方を覚えなきゃいけないというだけで大変(Coffee SCriptなんか、だいぶJavaScriptと書き方異なるし)。

後、Google Material Designについて。てっきり、Googleが作ったWeb制作用のサービスかソフトだと思ったのですが、そうじゃなくて、ユーザーに分かりやすいデザインを実現する概念だそうです。
ただ、自分で一から実装しようとなるとかなり大変だそうで、現状はPolymerやMateliarizeといったJSライブラリやCSSフレームワークを使うことになるそうです(参考:Material Design対応の使えるCSS・JSフレームワーク集 | レンタルサーバーのCPIスタッフブログ)。これを見てると、CSSでの簡単なアニメーションの実装ぐらいできるようになっておいたほうがいいんだろなと思いました。

そして、今回、最も注目していたファーストサーバの『データ消失事故を振り返って』。聞いてるだけでドキドキしました。これは是非、映画化してほしいですね(無いだろけど)。どういった内容だったか書きたいのですが、講演者から誤解を与える可能性があるのでソーシャルでの共有はやめてくださいとのことなので書けません(あれ? ブログはいいのか? いや多分、そういうことじゃない)。自分も先日、サイトの大切なファイルを消して半日以上サイトが見れない状態になっていたので、他人事じゃないんですよね(半日以上気付かれないようなサイトという時点で、被害は大したことなかったのですが)。

なお、そのファーストサーバですが、展示会場でタブレットのくじを引くように言われて、当たりを引き、ファーストサーバオリジナルのKitKatやチロルチョコをもらいました。
ファーストサーバのオリジナルチョコ
今回得た戦利品では一番良い物だったかもしれません。

後、もらったものといえば、GMOの展示会場でカレンダーとステッカーをいただきました。
GMOでもらったカレンダーとステッカー
この品は、マジックテープのついた玉をダーツボードに投げて、ヮピコ(ワピコ)のコスプレをした人に勝ったらもらえるということだったのですが、自分の運動神経のなさを思い知らされました。なんと2回連続で的に当たらないというミス。的に当たる前に玉が下に落ちていく。当たるまでやらせてもらえ、3度めでようやく当てたものの、端っこの得点が低い場所。そうして次に、コスプレイヤーさんが玉を投げたのですが、的に当たらず。自分と違い、なぜか1度目で終了。自分の勝ちという結果に。なんだかすごい悲しかったです。普通にゲームなんかやらずに、物もらえるだけでいいんですけどね(うまい人は楽しいんでしょうけど)。まあ、ゲーミフィケーションという考え方でいうと、正しいのかもしれませんね。

他に展示会場では、Dmet ideaというクラウドソーシングについての展示がありました。まだサービス事態、始まったばかりだそうですが、アイデアのみで支援を受け付けることができるクラウドファンディングだそうです。クラウドファンディングというと、何か作れる人が、こういうのを作りたいから出資してくださいと募るイメージがあるのですが、そうではなく、何か作れない人でも、何かを作るアイデアさえ持っていたら出資を受付、デザイナーやエンジニアに協力をもとめて採用されることがあるそう。どれぐらいうまくいくかは未知数だと思いますが、ちょっと気になりました。

後、最近気になっているウェアラブルデバイスについて。話し聞いてて驚いたのですが、3Dプリンタで作ってるロリジナルのデバイスを作ってるという人が何人かいて驚きました。そういう世の中なんですね。3Dプリンタのほうの話も、面白かったです。3Dプリンタがもっと一般的になれば、B to C(Business to Consumer)ではなく、B to I(Business to Individual)、つまり、一般大衆ではなく、個人個人にあわせた一品物が簡単にできる時代になるだろうとのこと。オーダーメイド製品がコストを抑えてできるということですね。早くそういう時代になってほしいものです。

最後に聴講したのが、大阪イノベーションハブ(というより、ハッカソン)についての講演。先日話題になっていた、シャープの萌える掃除機もこの場所で行われたハッカソンがきっかけで製品化されたようで、展示もされていました(参考:「おはようダーリン、起きてー!」 シャープ、萌える掃除機“ツンデレ妹”「COCOROBO」発売決定 – ITmedia ニュース)。
萌える掃除機
ただ、この講演のメインはMBSハッカソンという、MBS(毎日放送)と提携して行われたハッカソンについての話。入賞した上位三団体が実際に作ったアプリを紹介していました。チーム共犯者という団体の作品は、いろいろとひどかったです(それは、夜中のサンテレビかテレビ東京でやる番組だろと)。

最初のほうで、去年より面白くなかったみたいなこと書きましたが、今年も面白かったです。多分、来年も行きます。それよりもう少し、こういうイベントに行く頻度、増やそうかな。名刺もってないのに、名刺交換を求められるけど。

2013年はありがとうございました。それでは、よいお年を。

Facebook にシェア
Pocket

特別何かあるわけではないのですが、2013年も最後ということもあり、ブログを更新することに。
2013年は平均株価の上昇率が、アベノミクス効果でバブル崩壊で過去最高の56.7%になったとか(アベノミクス「来年も買い」、首相が大納会でアピール | Reuters)。
2014年はNISAも始まることなので、ほったらかしにしているお金を使って株でもやってみたいと思います(遅いといわれそうですが)。ちなみに、前に株をやっていたのは、リーマンショックの少し前です・・・。

以下、2013年の自分のことについての振り返り。時系列はバラバラです。

このブログでは書いたか覚えてないのですが、景気が回復している日本の状況に反して、うちの会社の景気は最悪です。
すでに、一年前と比べて4人減ってます。もうすぐさらに1人減ります。
うち何人が自主的に辞めたか、リストラにあったかは分からないのですし、下っ端の自分にはどういう状況か把握できていないのですが、とにかく結構大変な状況のように思えます。
月給の手取りはそんなに減ってないのですが、ボーナスはかなり減りました。なお、今年の年収は約280万円(手取り180万円)です(ちなみに、うちの会社のボーナスは7月と1月払いなので、冬のボーナスはまだもらってません)。なお、4月には職場の広さが3分の1になりました。
ただ、そうはいっても最近になってようやく悪い話を聞かなくなり、受諾開発もやるようになってちょくちょく仕事が入るようになっていたように見受けられるので、少しづつ回復の兆しは見えているのかもしれません(自分は受諾開発に関わってないので詳しいことは分からないのですが)。
というわけで、来年の今頃も今の会社で働いているかは分かりませんが、まあガムシャラに頑張りたいとは思っています。

その仕事のほうでは、9月まではjQueryやクラシックASPを使ったウェブ制作をやっていたのですが、その仕事の会社から契約を切りたいとお願いがあったようなので、10月ぐらいからはR言語を使って統計の仕事をはじめることになりました。
8月ぐらいには、バッチファイルを初めて作りました。案外簡単に作ることができたので、もう少し早く知っておけばよかったと少し後悔してます。

後、今年の6月からジムに通い始めました。
普段から体力不足を感じていたので、ずっと行こうかどうか迷っていたのですが、ようやく行くことにしました(その後すぐに、会社が大変なことになったのですが・・・)。
現在、週3回ほどの頻度で通ってます。思ったより筋力は増えないのですが、徐々に増えてはきているようです。
ただ、ジムが出会いのきっかけになるなんてよく聞きますが、たいがい誰とも何も話さずにすごします。何か言うとしたら、挨拶ぐらいです(そのうちの99%ほどは従業員にたいしてですが)。
なお、通っているジムは梅田のティップネスというところです。だいたい、会社帰りに(午後から出勤の時があるのですが、そのときは出勤前に)、2時間ほどいることが多いです。たまに、土日に行くこともあります(最近は土日にジムに行く頻度は少し減りましたが)。

ここのブログは一年以上更新していなかったのですが、10月に更新を再開しました。最初にブログを作った頃は、分かりやすさを考えて画像の準備や調査の時間にかなり時間をかけてブログを書いていたのですが、今年からはあくまで後の自分用のメモと考えて、あまり時間をかけすぎないようにしました。
それと、ブログを作った当初は内容の濃いエントリーを書こうと考えてやっていたのですが、最近はそんなこともなく、それよりも小ネタでいいから、少しでも更新頻度をあげようと考えて書いています(それでも更新頻度は高くはありませんが)。
2014年も、このペースを続けていければと思っています。

2013年は父とあちこちに行った年でもありました。
3月には桜を見に京都の清水寺や円山公園に行き、11月には紅葉を見に、京都の東福寺に行ってきました。
2月には父の散歩につきあうことになり、30分ほど歩いて滝を見に行き、そこからさらに歩いて20年前に卒業した幼稚園の前を久々に通るということもありました。
そして、5月のゴールデンウィークには、今年世界遺産に登録された富士山まで行ってきました。世界遺産登録確実と報道される1ヶ月ほど前から富士山に行くことは決めていたのですが、行く直前にそんなニュースがでるもんだから、普段より人が多かったようです・・・。

後、これは2012年の11月ごろからなのですが、iPod touchを購入し、iライフログというアプリを使ってライフログをとりつづけた年でもありました。
例えば、ごはんを食べる前にほぼ毎回写真をとっているという感じです。本当なら、週に一回ぐらいの頻度で見返したほうがいいんでしょうが、見返せてません・・・。
それがきっかけで、Evernoteもプレミアム会員になりました。1年やってまだ続いているので、先日3年分のプレミアムパックを購入しました。なので、少なくとも後3年はプレミアム会員です。
せっかくなので、暇を見つけたら、EvernoteのAPIの勉強でもしていこうと思います(Evernoteの本はいろいろ読んできましたが、APIについて書かれてる本はほとんどないんですよね・・・)。
というわけで、iPod touchは、スマートフォン以上に手放せない存在になっています。

そのスマートフォンですが、8月に買い替えました。
今まではAndroidスマホのランキングできたよーwwwwwwww:かつもくブログ | 2chまとめブログにて、最下位のIS04を使っていたのですが、AQUOS PHONE SERIE SHL22に買い替えました。電池がかなり長持ちで、動作も快適です。ただ、普段、着信をバイブ設定にしているのですが、そのバイブがかなり弱く、胸ポケットにいれていても気づかないことがあります。

3月にはLINEを始めました。
それをきっかけに、高校まで一緒の学校だったら友だちから連絡があり、今年は度々あうことがありました。家に行ったり来たり、近所のお祭りに行ったり。同じマンションなので偶然あうことは何度かあったのですが、会うと決めて会うのは5年ぶりぐらいかもしれません。
とはいっても、自分のLINEにくる通知は、ほとんど企業の宣伝やクーポンなのですが・・・。

いろいろ書くことを考えると、2014年になってしまいそうなのでこのあたりで止めておきます。
ではみなさん、よいお年を。

神戸ITフェスティバル2013に行ってきた(二日目)

ギャラリー

このギャラリーには4枚の写真が含まれています。

二日目も行ってきました。 一日目について書いたのは以下 神戸ITフェスティバル2013に行ってきた(一日目) | while(isプログラマ) タイトル変更(2013という文字を追加)したらなぜかURL変わってしまった。 … 続きを読む