ノートPCのファンの音を抑えるためにやったこと

Facebook にシェア
Pocket

先日、マウスコンピューターのノートパソコンを購入したと書きましたが、かなりファンの音がうるさい。ちょっとした騒音レベルで、隣の部屋で寝ている母に迷惑でないか気になるほど(この時期は二人ともドアを開けてるので)。本当、ファンの音さえ静かだったらいうことなしなんだけど(まあ、音質が悪かったり、キーボードが微妙だったり細かいことをいえばいろいろあるのですが、音質はイヤホン使うかスピーカー接続するかするし、キーボードはある程度慣れたら大丈夫だと思ってるので……)。

調べてみると、電源オプションの「システムの冷却ポリシー」を「パッシブ」に、「最大のプロセッサの状態」を「99%」にすることで、ファンの音がおさえられると発覚。

参考:【Windows10】うるさいファンの音を静かにする方法 – フォトスク
参考:ノートパソコンが熱い!CPU温度を下げるには「最大のプロセッサの状態」を「99%」にするのが良さそうです!Lenovo YOGA 710で調査しました – あまろぐ!

これで驚くほど、ファンの音がしなくなりました。冷却パッド買おうと思ってたけど、いらないかもなぁ。

ただ、その分、性能が落ちるそうなんですけどね。今のところ特に問題は感じません。少なくとも、前のパソコンや、会社で使ってるパソコンよりは速いです(うちの会社はほぼ、性能のいいパソコンがありません。前に、隣の席の人のパソコンがCore i7搭載で珍しいなと思ったら、実は客先から借りているパソコンということがありました)。

ですが、処理自体は速くなったんですが、ネットは遅い。JCOMは本当、遅いです(安いんですけどね)。うちのマンションにもNURO光が導入されたら、乗り換えるんだけどなぁ。前使っていたeo光に戻そうかどうしようか。

それにしても、久しぶりにノートパソコンを使うと、首が痛くなってきました。このへん、もっと考えないといけないかもしれません。そのうち、外付けディスプレイは買って、そっちで作業しようとは思ってるんですが、しばらく前のパソコンを手放したくない(テレビがついているため)ので、その分の場所がとれないんですよね。高さ調節のついた、冷却大でも買おうかなぁ。


2018/07/09追記:

書こうと思って忘れてたのですが、マウスコンピューターには、Fn+Escキーを押すか、タスクバーにあるControl Centerというアイコンををダブルクリックすると『コントロールセンター』というソフトが起動します。
参考:コントロールセンターの機能と詳細について

この一番左側の「静音」というボタンを押すと静音モードになり、ファンの音が抑えられるそうです。ただ、これをやると体感で分かるほど動作が遅くなったため、やめました。

今話題のマウスコンピューターのパソコンを購入しました

Facebook にシェア
Pocket

実に7年ぶりにパソコンを買いました(当分手放すつもりはないので、買い増しです)。

購入したのは、最近CMもやっていて話題のマウスコンピューターのノートパソコン。いろいろ他のメーカーと健闘もしたのですが、だんぜんコスパがいいなと思いました(あれ? MacBook買うとか言ってなかった? と言われそうですが……)。

ちなみに、自分はamazonで購入。

mouse ノートパソコン MB-B506H 15.6インチ フルHD /Core i7-8550U/8GBメモリ/ 512GB SSD /Windows10
マウスコンピューター (2018-06-21)
売り上げランキング: 5,373

amazonだと、カスタマイズはできないけど、公式サイトよりかなり安かったので。Corei7-8550U、メモリ8GB、SSD512GBで税込み10万円いかないという。

ちょっと使ってみた感覚だと、話にきいていた通り、キーボードがちょっと微妙な気がします。個人的に、右側のShiftキーはエンターキーの真下に来てほしいのだけど、エンターキーの真下は↑キーで、その左側に小さくShiftキーがあるという。さっきから、↑キーと押し間違える。

後、今は落ち着いたけど、さっきまでファンの音がうるさかった。この辺はそのうち、冷却台でも買おうかなと思っています(なぜか、赤いのとか青いのとかばかりなんですが何でなんだろう? 光る必要あるか?)。

後は、外部ディスプレイも買いたいなと。やっぱり、ノートパソコンの画面サイズだとちょっと小さいですし。後、思い切ってトラックボールとか買っちゃおうかと思っています。それと、今回購入したのはテレビがついていないので、パソコンでテレビを見れるようにしたいなと思っています。今は売り切れてるけど、先月発売された、いつでもどこでもワイヤレスでテレビを視聴 Xit AirBox(サイト エアーボックス) XIT-AIR100W | 株式会社ピクセラというのが気になってます。

これで、ブログの更新がはかどったらいいんだけど(慣れないせいか、ちょこちょこ打ち間違えるけど)。

余談ですが、先月、5年間通っていたスポーツジムをやめて、本日、別のジムに乗り換えました。今年はいろいろ乗り換えたり新しいことを始める年になってます。

jquery.ajaxに代わる、Fetch APIについて

Facebook にシェア
Pocket

最近のJavaScriptでは、jQueryに依存しない書き方が増えてきたようです。ただ、確かにセレクターなら、document.querySelectorAllメソッドを使えばいいだけなんですが、個人的にjQueryで便利なところは、ajaxだと思ってるんです。いちいち、XMLHttpRequestがどうちゃらこうちゃらとか書きたくないし、だいいち覚えられない。だから自分は、jQueryからはなかなか離れられないだろうし、離れたとしてもAjaxようの共通関数は実装することになるんだろうなぁ。と思っていたら、最近になってFetch APIなんてものを知りました。

最近のWeb技術界隈は追えていないと思ったらこんなものが。というわけで、調べて使ってみました。

HTML

PHP

サンプル:Document

やってることは、サーバーに数値と文字列をPOSTで渡すと、数値を2倍、文字列をSHA-256でハッシュ化した結果をJSON形式で返すというもの。例えば、数値を123、文字列をabcとすると下記のようになりました。

確かに数値は2倍になって、文字列はハッシュ化して返ってきました。ちょっとよく分からなかったのが、最初にResponseオブジェクトからどういう形式で値を取得するかという指定が必要なこと。これがPromiseオブジェクトで返ってくるので、いちいちthenを二回書かなきゃいけないという。response.json()で返ってくる値がPromiseオブジェクトじゃなくて、JSONオブジェクト(多重表現)になってるほうが直感的でわかりやすい気がするのだけど、多分、こうなってるメリットはあるんだろうと思う。このへんは多分、自分がPromiseについてよく分かってないから疑問に思ってるのだと思うので、もう少しこのへんも勉強していこうと思う。

ところで最初、fetchのbody部分を「body: new FormData(document.getElementById(‘frm’))」と指定しようと思ったのですが、それだといまいちメリットがないなと思ったら、JSONで渡せることを知ったのでそうしました。PHP側で『json_decode(file_get_contents(‘php://input’), true);』とすればいいそうです。初めて知りました。JSONのまま渡せるなら、便利ですね。これからはそうしようかな。

ブログをSSL(https)化しました

Facebook にシェア
Pocket

HTTPS化しようと思って前に書いたのに、全然していなかったこのブログをようやくHTTPS化しました。使用しているサーバはミニバードなのですが、無料で独自SSLに対応できるように変更されたようなので、HTTPS化しました。
対応方法の参考:サポートマニュアル /格安・大容量レンタルサーバーのミニバード|無料独自SSL

上記のページに書いてあることにプラス、.htaccessに自動的にhttpsに転送されるように変更しています。具体的には.htaccessの上部に下記のように追加しました。これで、ステータスコード301(Moved Permanently:恒久的に移動した)で自動的にhttpsのURLに転送されます。

参考:htaccessでHTTPSにリダイレクトする – Qiita

注意してほしいのが、WordPressを使っていると、.htaccessに「# BEGIN WordPress」と「# END WordPress」が記載された行があると思いますが、その間には上記設定を追加しないようにしてください。WordPressが勝手に書き換えてhttpsへの転送処理の記載が無くなってしまう可能性があります。

その後、WordPressの設定から、サイトのURLをhttpsに変更しておきました。

ただ、なぜかこの設定をしたのに、リンクが一部http://のままなんですよね……。

時間がたったら変わるかもしれないのでもう少し待ってみますが、変わらなかったらまた調べてみます。

そうそう、httpsといえば、最近Chromeではhttpsでないと動かないJavaScript APIなんてものがあるらしく、例えばNotifications APIがhttpの環境だとChromeで動作しなくなっています。
参考:Deprecating Powerful Features on Insecure Origins – The Chromium Projects(英語サイトです)

うちの会社では、オープンソース版のAipoというグループウェアを利用しているのですが、http環境で利用しているため、いつの間にかChromeで利用しているとデスクトップ通知されなくなってしまいました。一応、更新があるとタブに青い●がつくので更新されてるかどうかは分かるのですが、気づきにくいです(といっても、基本メールでのやり取りがメインで、Aipoでのチャットの利用は少ないんですけどね)。

余談ですが、オープンソース版のAipo自体は2018年3月31日に提供を終了しています(オープンソース|Aipo.com – アイポ・ドットコム)。

amazonの旧おすすめ商品ページについて

Facebook にシェア
Pocket

昔、amazonの「持っています」に登録するブックマークレットを作りましたが、その目的はamazonのおすすめ商品に反映させるためでした。

ですが、なんとそのおすすめページが先日、無くなりました。正確にいうと、マイストアのトップページにおすすめ商品が載っているので、それには影響しているのですが、以前のおすすめ商品ページだと「最近発売した商品」や「今後発売される商品」に分けてみれたので、新作チェックには大変便利でした。なんで、無くしてしまったのかと。

ただ、調べてみると、以下のリンクで旧おすすめページを見れることが分かりました。
https://www.amazon.co.jp/gp/yourstore/legacy/

legacyということは、無くしていく方向なんだろうなと思ってもう少し調べてみると、下記のリンクでもおすすめ商品ページに行けることが発覚。
https://www.amazon.co.jp/gp/yourstore/recs/

どういうことだと思って、上記の「legacy」や「recs」の箇所に適当な文字列をいれたら何でもおすすめ商品ページに行けることが発覚。
https://www.amazon.co.jp/gp/yourstore/xxx/
https://www.amazon.co.jp/gp/yourstore/○○○/

このページは無くしてほしくないのだけど、無くしていく方向なのかなぁ。残してほしい。