間違えてUiPathのコミュニティ版ではなくトライアル版をインストールしてしまった話

Facebook にシェア
Pocket

2019/07/09追記:
コメントでいただきましたが、最新版ではトライアル版をいれた端末でもコミュニティ版をいれることができるそうです。なので、この記事は情報が古いです。

確か昨年の10月後半のことなのですが、職場の自分の端末に勉強用のためにUiPathのコミュニティ版をインストールしようと思ったら間違えてトライアル版をインストールしてしまい、しかもそのままトライアル版のシリアルNoでアクティベーションしてしまいました。

しばらくしてトライアル版をインストールしてしまったことに気づき、ディアクティベーションしようと思いました。が、なぜかトライアル版にディアクティベーションするために必要な「regutil.exe」というファイルが見当たらず。そのままコミュニティ版をインストールしても、すでにこの端末にはアクティベーションしているからコミュニティ版では使えませんというようなエラーがでて使えずという状態になりました。

とはいっても、体験版はインストールして60日は使えるのでまあいいかと思い、そのままトライアル版を使ってUiPathの勉強をしていました。実際にUiPathが必要になるのは、12月の客先常駐案件だったためです(ただしその後、11月に1か月間、客先の炎上案件にいってほしいと言われたので、実際使ったのは数日程度です)。

1月に自社に戻ってきたのですが、UiPath Studioを起動してみると、使用期限切れで使えず(そりゃそうだ)。特に何か問題があるわけではないのですが、12月に常駐案件でいっていたお客さんから何か問題があったらメールするかもしれないと言われ、上層部からも機会があればUiPathについて知見などを共有してほしいといわれており、できたら会社の自端末でもUiPath Studioを動くようにしておきたいとは思っていました。

というわけで、なんとかしてコミュニティ版をインストールできないかと思って調べてみると、カスタマーサポートを通じてディアクティベーションしてもらったという人がフォーラムにいました(トライアル版ライセンスをディアクティベートしたい – 日本 / フォーラム – UiPath Community Forum)。なので、カスタマーサポート | UiPath株式会社に連絡することに。内容はほとんど上記に書いたことそのまま、「体験版を間違えてインストールしちゃったのだけど、知見を共有してほしいといわれているのでコミュニティ版をインストールしたいのでそのやり方があれば教えてください」という感じです。

そしたら、UiPath用のカスタマーサービス用のURLなんてものが届きました。Zendeskというサービスを使っているようです。こんなサービスがあるんですね。日本語版もあるらしい。知らなかった。

次の日に「Community Editionのご利用に際しては、弊社ライセンスサーバー上での設定が必要となります。」とメールが届きました。そのためには、ご利用端末のデバイスID及びライセンスコードが必要になるとのことなので、Zendeskにログインしたうえで、デバイスID及びライセンスコードを書いて送信(カスタマーサポートページでデバイスIDとライセンスコードを書く必要はあったのだろうか……)。

そうすると、何やらむこうのサーバでディアクティベーションしてくれたようで、「Community Edition利用に必要な手続きが完了いたしました」とメールが届き、試しにコミュニティ版のUiPathを起動すると、エラーが出ず起動できました。

ちなみに、スタッフからのメールには、無料体験版の期間延長(30日分)も申請書を書くことでできると書いてありました(申請書の内容次第っぽいですが)。コミュニティ版の利用には、利用規約により利用できない場合があるので、その場合は無料体験版の延長を検討してほしいとのことです。利用規約の抜粋までしてもらえて、親切な対応でした(多分、こういうサポート対応はよくあるんだと思います)。

というわけで、トライアル版を間違えてインストールしてしまった場合は、カスタマーサービスに連絡する必要がありそうです。UiPathのスタッフからすると何の得にもならず、無駄に時間をつぶしてしまうだけのような気もしなくはないですが……。

UiPathのロボットファイルを配布する方法

Facebook にシェア
Pocket

UiPathには、UiPath Studioというロボットを定義する開発環境と、ロボットを動作させるためのUiPath Robotの二種類があります。今まで説明してきたのは、UiPath Studioでの開発環境のみでしたが、今回はUiPath Studioで作成したロボットの配布とUiPath Robotでの実行方法について説明します。

まずは、UiPath Studioの「パブリッシュボタン」を押下します。

そうすると、下記のようにパブリッシュ用のダイアログが表示されるので、適当にリリースノートを入力して「パブリッシュボタン」を押します。

下記のようなダイアログが表示されます。

作成されたファイルは基本的に「C:\ProgramData\UiPath\Packages」に作成されます(正確にいうと、「%programData%\UiPath\Packages\」らしいです)。今回の例では、「hatebu.1.0.6945.40949.nupkg」というファイルが作成されていました。これが、ロボットファイルです。

今回作ったファイルを下記に置いておきます(WordPressで拡張子nupkgがおけなかったので、とりあえずzipにしています)
hatebu.1.0.6945.40949

上記のhatebu.1.0.6945.40949.nupkgをUiPath Robotで動かしたい端末の、「C:\ProgramData\UiPath\Packages」フォルダ内(つまり、ロボットファイルが作成されたのと同じフォルダ)においてください。そうしてUiPath Robotを起動すると、利用可能なプロセスに「hatebu」が追加されます。

右の更新ボタンを押すとインストールされ、ボタンが開始ボタンに変わります。

開始ボタンを押すと処理が実行され、ロボットが実行されるはずです。

なお、処理中に強制的にロボットを終了させたい場合は、UiPath Robotの「終了」ボタンを押して、修了確認ダイアログで「はい」を押すと終了します。

ちなみに、配布したnupkgファイルの中身はzipファイルなので、拡張子をzipにして解凍することができます。

この中のlib/net45のフォルダの中にもともとのUiPathで作成したファイルが入っているので、これをもとにUiPath Studioで動かすこともできます(解凍して気づいたけど、ロボットで作ったCSVファイルも含まれてしまっていたという。そりゃそうか)。

これでちょっとしたバッチファイルのように使えるかもしれませんね。

2018年の振り返り

Facebook にシェア
Pocket

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今年は年賀はがきが高くなったのでそろそろ送るのをやめようかとも思ったのですが、悩んだすえ送りました。個人的には、年賀状はちょっとした面白さを入れたいタイプです。今回は、「謹賀新年」という文字の前に「平成最後の」とつけました。……。はい、新年早々滑りました(さすがに、上層部への年賀状はもっとまともなものにすればよかったかな……)。

それはともかく、年も明けたので昨年、つまり2018年を振り返りたいと思います。昔は、大みそかに、その年に買ってよかった本を紹介していた時もあったのですが、最近は図書館で借りてばかりで本をあまり買っていないので、本の紹介エントリーは書かないことにします(半分、アフィリエイト収入目的だったけど、全く増えないという)。

振り返りために、まず3月に書いた今後やりたいこと、もしくはやめようと思っていること | while(isプログラマ)を見直してみることにします。果たして2018年にちゃんとやれたのでしょうか。

このサイトをHTTPSにする

これは、比較的すぐにやりました。確か、このエントリーを書いて1週間以内でSSL化したかな……、と思ったら5月でした(ブログをSSL(https)化しました | while(isプログラマ))。

パソコンを買う

今話題のマウスコンピューターのパソコンを購入しました | while(isプログラマ)に書いた通り、アマゾンで購入しました。特に不満点はないです(ほとんど外付けディスプレイに表示させて使っているので、ノートパソコンの意味があまりなくなってますが)。

奨学金を全額返済する

返済しました。スカラネット・パーソナル – トップで繰り上げ申請したのですが、なんだかちょっとややこしかった記憶。利子は安いですが、返せる人は速めに返したほうがいいと思います(特に、機関保障を利用した人は)。

ジムを辞める

辞めましたが、近く(隣の駅の近く)に安いジムがあることを知ったのでそちらに乗り換えました。シャワーやプールはないですし、更衣室は狭いですが、月額3500円とかなりリーズナブルなので変えてよかったです。

iDeCoを始める

申し込みはしましたが、まだ始まってはいません。提出書類に勤務先に書いてもらう必要がある書類があったので、驚きました。幸い、自分はその時社内勤務だったからよかったけど、うちの会社は客先で勤務している人が多いので、申し込みしたかったらどうするんだろうと思いました。ちなみに、提出書類は結構多いです。一度提出したものの、記入していない必要箇所があって返送されました(勤務先に書いてもらわなければならないところも未記入箇所があったので、再度お願いする羽目に)。申込書類を提出する際はちゃんと確認するようにしてください。

ケチケチしない

すごい、曖昧な目標ですが、2018年はそれなりに金をつかったほうだと思います。アマゾンプライムデーとか本当いろいろ買いすぎて、買った後に無駄買いしてしまったと思うものもあったり。後、例年よりちょっと株を買いすぎて結果、損してます。

そうそう。お金をつかったといえば、ゼクシィ縁結びカウンターに加入していたため、女性とごはんに行ったときはお金をつかいました。今までそんな経験なかったので、お金は使ったけどいい経験にはなったかなと思います。ただ、何人かの女性と付き合ったものの、3回デートしたのに振られたりして、さすがに疲れてきたのでやめました。今後どうするかは分かりませんが、しばらく婚活はしないと思いますし、一生独身でも別にいいかなと思っています。

できるだけ現金を使わない

2018年は本当、キャッシュレスが大きく取り上げられましたね。現金以外が使えるところはその決算方法を使うようにしました。ただ、近所に2店舗あるスーパーはどちらも現金しか使えないんですよね。早く、キャッシュレス対応してもらえないだろうか。

こうやって見ると、ある程度、やりたいと思ったことができてますね。自分にしては珍しく有言実行です(そんな大げさにいうほど、大したこと書いてませんが)。

その他

自分の中で2018年に一番大きかったのは、上にも書いた通り婚活をしたことかなと思います。思ったよりはうまくいったとは思うのですが、ベストではなかったですね。そうそう、うまくはいかないです。

後は、6月13日(水)にぎっくり腰になりましたが、それも自分の中では2018年に起きたことの中でも印象深いできごとです。ジムでレッグプレスを、ちょっと足のバランスが悪いままやっちゃいまして……。やったすぐ後は、「いてててて」程度だったのですが、だんだん痛みがひどくなってきて、ジムを終えて駅にむかっている最中に、「これはやばい……」と思いました。家に帰ってからは座ることすら怖くて、うまくご飯を食べれませんでした。寝るときも、どうやって寝ころんだらいいんだと思いながら、思い切って強烈な痛みを一瞬感じて寝ころびました。もうあんな経験はしたくありません。

しかも、ぎっくり腰になった二日後が健康診断で、休んだら自費で受けに行く必要があるため、がんばって会社にむかいました。週末になるとまだだいぶ痛みは残っていますがだいぶマシにはなり、月曜日は通常通り出勤しようと思いました。思いましたが、大阪北部地震で電車が止まり、二時間電車の中で閉じ込められました(幸い、一つ前の駅で目の前に座っていた人が降りてくれたので、座ることができたのはよかったです)。

2018年はそれ以外にも災害が多い年でしたが、うちの会社も、地震の日も含めて3回ぐらい、自宅待機の日があったような。本当、災難な年でした。

そういえば、このブログは一応、技術ブログでした。技術的なことでいえば、UiPathを知れたことは大きいと思いますが、それ以外はとくに何もないです。

2019年はどんな年になるでしょうか。新元号元年。いい年になるといいですね。