vue-cliでビルドした本番環境を、ルート以外で動かす

Facebook にシェア
Pocket

先日の記事、Vue.jsでmousedownとtouchstartのイベントを扱う | while(isプログラマ)で作成したプログラムなんですが、ビルドしたうえでvuejsフォルダをサーバに作ってアップして公開しようと思ったらうまく動きませんでした。

原因は単純に外部ファイルの指定が、「」とルートからの指定となっているため。開発環境はともかく、本番環境はこれだと困るということもあります。

そういう場合、プロジェクトのルートフォルダに、「vue.config.js」というファイルを作成して、下記のように設定。

これは、本番環境では/vuejs/を基点としたファイル構成にし、開発環境ではルートを基点とするファイル構成ととらえるという指定です(参考:Configuration Reference | Vue CLI)。こういうことでビルド時に外部ファイルの参照が、「」となり、うまく動かすことができました。

前回作成したプログラム:MousedownとTouchstart

Vue.jsでmousedownとtouchstartのイベントを扱う

Facebook にシェア
Pocket

(Vue.jsと書いたけど、そんなにVue.jsは関係ない)

業務でVue.jsを用いてウェブアプリを作っているのですが、そのアプリのうち、あるボタンをクリック(タップ)ではなく、触ったとき、つまりマウスのボタンを押し下げた時やタッチデバイスに触れた時にイベントが発生してほしいという要望を受けました。

それを聞いた瞬間、「Pointer Events」が使えると思いました。過去にここのブログでも紹介しています(現時点でIEのみ実装されてるPointer Eventsが超便利 | while(isプログラマ))。過去にはIEでしか実装されてなかったそろそろ他のブラウザでも実装されてるのではないかと思い、ためしにpointerdownで実装してみました(参考:pointerdown – Event reference | MDN)。試しにChromeで動かしてみると、想定通りに動きました! やったー!

と思ったのもつかの間、「できました!」と上司に伝えたところ、「iPhoneで動かないんだけど」とのこと。なんと、PointerEventsはSafariには実装されてませんでした(泣)。
参考:Pointer events:Can I use… Support tables for HTML5, CSS3, etc

仕方がないので、mousedownとtouchstartで書き直すことに。まあ、一つ記述が増えるだけだしいいか。多分、マウスボタンを押すとmousedown、タッチパネルでタッチするとtouchstartのイベントが発生するだろうしと思って、下記のような感じで書きました(イベント内にはconsole.logの記述しかしてませんが、実際には通信処理を行う記述でした)。

うんうん。確かに、マウスでもタッチパネルでも反応しますし、押すとボタンの色も変わってくれます。これでいいかと思って上司に報告。しちゃダメでした。「二回発生しているように思うんだけど」と……。いやいやそんな馬鹿な。実はタッチしたときに2か所で反応しちゃってるだけじゃないの? なんて思いましたが、試しにChromeのDeveloper Toolのエミュレータで見てみるとtouchstartもmousedownのイベントも発生しました(しかも、mousedownのイベントが発生しない時もある)。

調べてみると、確かにタッチデバイスでもマウスイベントが起こるものらしい。preventDefault()でデフォルトイベントをキャンセルするとmousedownは発生しないらしい(参考:TouchEvent と MouseEvent の両方をサポートする – ウェブデベロッパーガイド | MDN)。仕方がないので、Vue.jsのpreventイベント修飾子を使って実装することに。

この実装で何回か試してみて確かにイベントが一回しか実行されないようになりました。これで一安心。と思ったのもつかの間。「Androidだと押した感じがしないのだけど」と。いやいや、active疑似クラスでボタンの色は変えてるし……。と思って自分のAndroidで試してみるとタップしてもボタンの色が変わりませんでした……。preventDefault()を行うことで、active疑似クラスのスタイル指定が反応されなくなってしまったのでした。仕方がないので、自分でアクティブ化用のクラスを追加し、ポインターがはずれるとクラスを外すことに。

早く、PointerEventsが使えるようになってくれないだろうか。

2019/02/24追記:サーバにもアップしました。
MousedownとTouchstart

vue uiではじめる単一ファイルコンポーネントのVue.js

Facebook にシェア
Pocket

今年からVue.jsを使ったプロジェクトに関わるようになりました。前から気にはなっていたのですが、趣味で使う気にもなれず、ようやく触ることができました(自分が興味があった技術に触れることができる仕事というのもなかなかうれしいもんですね)。

Vue.js自体は、去年の11月にヘルプとしていった出向先で少し触れています。その時は、「何だこれ? 拡張子がvueで、同じファイルにHTMLとJavaScriptとたまにCSSが書いてあるぞ。Vue.jsってjQueryみたいなJavaScriptのライブラリじゃないのか?」なんて思ったのですが、今回のプロジェクトに配属になってそれが単一コンポーネントというものだと知りました(参考:単一ファイルコンポーネント — Vue.js)。

というわけで今回はその、Vue.jsの単一ファイルコンポーネントのプロジェクトを作成する方法を紹介。大概、コマンドラインで作成する方法が紹介されることが多いですが、今回はWebブラウザを使った作成方法について紹介します。

まずは、npmでVue CLI3というVue.jsの開発支援ツールをnpmでインストール(npmが無い人はNode.jsでインストールしてください)。

つづいて「vue ui」とコマンドをうちます。

そうすると、自動的にWebブラウザがたちあがって、下記のような画面が表示されます。日本語で書かれているので特に迷うことはないと思います(Vue.jsは本当、サポートページも日本語ページが存在して本当に便利です。ただ、Vue CLI 3のサイトは日本語ページが存在しないんですよね……)。

ここで「作成」ボタンを押し、プロジェクトを作成する新しいフォルダを作ります(この処理はいらないのですが、一応ここでフォルダも作れるという説明のために)。


フォルダができたら、「+ここに新しいプロジェクトを作成する」というボタンをクリックします。

下にある「次へ」ボタンをクリックします。スクリーンショットをとっていませんが、プロジェクトフォルダは「vue-test」としました。

プリセットを選択します。ここでは、あえて「デフォルトプリセット」を選びます(あえてと言ったのは、デフォルトだとVue RouterやVuexがインストールされないからです。後でこの二つについてもインストールします)。

そうすると、プロジェクトの作成が始まります。

「プロジェクトダッシュボード」という画面になると、プロジェクトが作成できています。

フォルダを見てみると、確かにファイルができていました(と、ここで気づいたのですが、vue-testフォルダの下にvue-testフォルダができてしまっているという。そりゃあ、設定のプロジェクトフォルダなんて名前につけたからそりゃそうなりますよね……)。

つづいて、左側のメニューの一番下にある「タスク」をクリックし、つづいてでてきたメニューの「serve」をクリックします。

「タスクの実行」というボタンがでてくるので、このボタンをクリックします。

そうすると、作成されたプロジェクトの開発用サーバ上で起動します。トップページは下記のようになっているはずです。

ところで今回、プロジェクトをデフォルトで作成してしまったので、Vue RouterやVuexが入っていませんので、vue uiを用いてインストールします。左のメニューから「プラグイン」を選択すると、上に「Vue Routerを追加」や「Vuexを追加」ボタンが表示されています。予想できると思いますが、このボタンをクリックすることで簡単にインストールできます。

インストールすると先ほどのトップページが下記のようになります。

URLに「/#/」とついて、さらに「Home|About」というリンクが表示されてますね。これが、Vue Routerの機能です。「About」のリンクをクリックすると、下記のようになりました。

Visual Studio Codeでプロジェクト内のsrcフォルダにあるmain.jsを見てみると、下記のようになっていました。このうち「router」がVue Routerの機能のことで、「store」がVuexの機能です。ちゃんとどちらも追加できたようです(ちなみに、Visual Studio Codeには、「Vetur」というvueファイル作成支援用の拡張機能を追加しています)。

ちなみに、vue uiの画面ですが、左下にある家のアイコンボタンを押すことでホーム画面に戻れます。

また、今回は新しくプロジェクトを作成しましたが、既存のプロジェクト(コマンドラインで作成したプロジェクト)を追加したい場合はインポート機能を使ってvue ui上で扱うこともできます。

というわけで、今年はVue.jsについていろいろ勉強していきたいと思います。

CSSによる色のアニメーションはrgbとhslの指定で違いがあるか調べてみた

Facebook にシェア
Pocket

最近、ウェブサイトをいろいろ見ていて、このアニメーションの動きってどうしてるんだろうと思って調べてみると、CSSのtransisionの機能を使って実現しているというサイトが増えてきました(ちょっと前までアニメーションはjQueryで作っているところが多かった印象)。

自分も最近になってようやくその処理方法が分かってきたので、いつか実践で使ってみたいです。

ところで、このアニメーションですが、jQueryでは確か色の変更はアニメーションで実現できなかったと思うのですが、CSSのアニメーション機能はなんと色の変更まで実現できます。

そこで思ったのが、もしかしたら色をRGBで指定するのと、HSLで指定するのではアニメーションの変化が異なるのではないかと疑問。

例えば、RGBでの青の指定は『rgb(0,0,255)』、RGBでの黄色の指定は『rgb(255,255,0)』となりますが、HSLでの青の指定は『hsl(240, 100%, 50%)』、HSLでの黄色の指定は『hsl(60, 100%, 50%)』となるため。パット見、HSL指定だとHの色相部分だけの値を変えればいいだけなので、青から黄色に変化する場合は途中に緑色、つまり『hsl(150,100%,50%)』という値がでてくるのではないかと思いました。対してRGB指定だとrとgの値が増え、bの値が減るようになりそうなので途中に緑色『rgb(0,255,0)』はでてきそうにありません。

というわけで調べてみた。

HTML

CSS

JavaScript

青というラジオボタンをクリックしたら背景が青、黄色というラジオボタンをクリックしたら背景が黄色に5秒かけて変化するという処理をしています。アニメーションによる変化対象は背景色のみとしています(現在の処理だと、文字色はクリックと同時に変化しますが、CSSの『transition: background-color 5s;』を『transition: all 5s;』とすれば文字色もアニメーションで変化します)。色については左側の要素をRGB指定、右側の要素をHSL指定としています。

サンプル:CSS Color Animation

結果、全く同じように変化しました。RGB指定からHSL指定に変化することもできるわけだからそりゃそうか。

右矢印キーを押すと左にカーソルがうつる不可思議なテキストボックスについて

Facebook にシェア
Pocket

前の会社での話。

実は、前の会社を辞めてからも9月は特別に週一回行っていまして、自分がある程度関わったプログラムのバグ修正なんかをしていました(ほとんど、自分が関わったところではないところに時間を使いましたが)。

そんな中、昨年退職した上司が作成したあるウェブページのテキストボックスが変な挙動をしていました。

そのテキストボックスには、数値が入っていて、右寄せになっていました。その時は特別深く考えたわけではないのですが、CSSのtext-alignでrightを指定しているんだろうなとは思いました。

それはいいのですが、どうも入力するとおかしなことになります。

IEだと右矢印キーを押すと左にカーソルが移動し、左矢印キーを押すと右にカーソルが移動します。よくわからないけど、IEのバグかなと思って試しにChromeで見てみると、なんとChromeでは一番右にカーソルをうつして入力すると左側に文字が追加され、逆に一番左にカーソルをうつして入力すると右側に文字が追加されます。

初めての減少に思わずポカンとしてしまったのですが、多分、keydownでイベントを発生させていて何かやらかしているのだろうと思い調べてみました。すると、予想通り、数値のみしか入力させない記述がしてありました(参考:HTMLのテキストボックスを、できるかぎり半角数値のキー入力のみにする | while(isプログラマ))。

というわけでいろいろ変更してみたのですが、全く変化がありません。そして、試しにkeydownのイベントを無くしてみましたが、全く変化がありませんでした。正直、わけが分かりませんでした。

とりあえず、一から考え直そうと思って開発者ツールで対象のテキストボックスを選択し、右側のサイドバーを見たところ、あると思ったものが無いことに気づきました。そう、『text-align:right』の記述がありませんでした。スクロールバーを上から下まで移動させて見てみたのですが、その記述がみあたりません。「右寄せになってるのになぜ?」もはやパニックに近い状態の自分でしたが、ふと見られない記述がありました。

『direction:rtl』

なんじゃこりゃ? と思って調べてみると、文章の記述方向の設定をしている記述ということが分かりました(参考:direction – CSS | MDN)。rtl は右から左……。まさか……。

この記述を無くしたら、カーソルが想定通りに動きました(もちろん、これだと左寄せになってしまうので、『text-align:right』を追加しておきました)。

とりあえず、同じようなテキストボックスを下記においておきます。valueの値は12345としています。こうすれば、『54321』と表示されるような気がしなくもないんですが、『12345』と表示されています。

というわけで、もし、矢印キーを押したら逆方向にカーソルが移動する場合は、この記述がないか疑ってください。そんなこと、滅多にないと思いますが……。

なお、「テキストボックスに『direction:rtl』の指定があればカーソルの動きがおかしくなる。ということを言いたいだけだろうに、前置きが長すぎ! そんなんだからブログ続かないんだろ!」なんてツッコミは受け付けておりません。むしろ、こう書いたことがセルフツッコミです。