間違って閉じてしまったChromeを元の状態に戻す方法

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

Chromeを使っていて発見したのでここにメモ。

Chromeにはいくつかショートカットキーがあります。ある日、左側のタブに移動したいと思い、ショートカットキーの『Ctrl+Shift+Tab』をキー入力しようとしました。ところが、Tabキーを押すつもりが指が少しずれてしまい、『Ctrl+Shift+Q』を押してしまいました。そしたら、Chromeが閉じてしまいました。いろいろ調べてみると、Resource Hackerでchrome.dllを編集すると『Chrl+Shift+Q』でChromeを終了するように割り当てることができると書いてあったのですが、自分はそんなことをやった覚えはありません(参考:キーボード ショートカット – Google Chrome まとめWiki)。ちなみに、『Ctrl+Shift+W』や『Alt+F4』でChromeが閉じることは知っています。

それはともかく、これは困りました。Chromeには多数のタブを開いていたので、いちいち開き直すのは面倒だし、どれを開いていたかも覚えていません。

そこでふと、直前に閉じたタブを開き直す『Ctrl+Shift+T』というショートカットキーがあることを思い出しました。いやでも、あくまで開き直すのはタブであってウィンドウじゃないしなぁ……。なんて思って試してみたら、直前に開いていたウィンドウが新しいウィンドウで開き直されました。『Ctrl+Shift+T』にそんな使い方があったとは(なお、IEとFirefoxでも同様に『Ctrl+Shift+T』で直前に閉じたタブを開くのですが、直前に閉じたウィンドウは開き直されませんでした)。

ちなみに、この直前に閉じたタブを開く『Ctrl+Shift+T』というショートカットキー、知らないなら便利なので覚えておいてください。会社でもこのショートカットキーを知らないため、間違ってタブを閉じてしまってショックを受ける人が何人かいたので、教えときました。

これだけは覚えておきたい。Gmail,Yahoo!メール,Hotmailのショートカットキー

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

僕は現在、GmailとYahoo!メール(ベータ版)、それとInfoseekメール(昨年、Windows liveベースになったので、使い勝手はHotmailと同じはず)を使い分けています。
 で、そういう時に困るのが微妙なショートカットキーの違い。前のメール(受信箱だと上のメール)を見ようと、Ctrl+↑を押しても動かなかったり。というわけで、今回はこれだけは覚えておきたいと思える、三大Webメールのショートカットキーをまとめてみました。なお、ここでいうYahoo!メールはベータ版モードのことです。なお、ショートカットキー欄の『+』は同時押し、『、』は順番に押すことを意味しています。

Gmail Yaho!メール Hotmail
新着メールの確認(受信箱に移動) G、I M F、I
送信者に返信 R Ctrl+R
全員に返信 A Ctrl+Shift+R
転送 F Ctrl+Shift+F
メールの削除 # Delete
下書き保存 Ctrl+S Ctrl+Shift+S Ctrl+S
メールの送信 Ctrl+Enter Tab、Enter Ctrl+Enter
前(上)のメールを見る J Ctrl+↑ Ctrl+,
次(下)のメールを見る K Ctrl+↓ Ctrl+.

覚えておきたい。とかいいながら、自分は最後の二つ(次や前のメールを見る)ショートカットキーしか覚えてません。なんとなくそういうタイトルの記事を書いてみたかっただけです。だいたい、Webメールでメールを送ることはほとんどなく、メルマガなどを見るためだけに使ってるので、その二つぐらいしか自分には必要ないわけです。すみません。

この他にもショートカットキーを知りたいという方は、以下の公式のヘルプページをご覧ください。

Gmail
キーボード ショートカット – Gmail ヘルプ

Yahoo!メール(ベータ版)
Yahoo!メール(ベータ版) ヘルプ – ショートカットキーの使い方

Hotmail
Windows Live Hotmail ヘルプ センター – キーボード ショートカット

『ファイル名を指定して実行』で好きなファイルを実行する方法

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

前のエントリーに引き続き、自分用のメモ。『ファイル名を指定して実行』を使って、自分の使いたいファイルを実行する方法を紹介します。紹介する環境はWindows7です。

実行ファイルを入れるフォルダ
 まず、実行したいファイルのショートカットを入れるフォルダを作成します。今回は、Cドライブ直下に『jikkou』というフォルダを作成しました。ついでに、前回のエントリー、ファイルを右クリックした時の「送る」メニューにテキストエディタ等を追加する方法で、このフォルダを送るメニューに追加しておくと後々便利かもしれません。

システム
 次に、[Windows]キーと[Pause/Break]キーを一緒に押してシステム画面を表示。左の『システムの環境設定』をクリック。

システムの詳細設定
 開いたシステムのプロパティの詳細設定タブを選択し、右下の『環境変数』ボタンをクリック。

PATH追加
 環境変数の変数名に”PATH”、変数値に先ほど作成したフォルダのパス(今回の例では”C:\jikkou”)を入力して追加。追加する場所は、ユーザー環境変数でも、システム環境変数でも、どちらでもOKです。すでに、PATHという変数がある場合には、その変数値の最後に”;”をつけた後に、フォルダのパスを入力します。

送る
 では、フォルダにショートカットファイルを入れていきましょう。上記の画像では、Google Chromeのショートカットファイルを作成し、”Chrome”と名前を変えてから、用意したフォルダに送るということを想定した例です。送った後には、元のショートカットファイルは削除しておきましょう。なお、削除する時にShiftキーを押しながら削除すると、ごみ箱に入らずに、完全に削除します。

実行フォルダ内
 今回は上記の画像のようにいくつかのブラウザソフトとごみ箱のショートカットを入れてみました。FireFixは”ff”という名前で入れています。

ファイル名を指定して実行
 実際にやってみることにします。Windowsキー+Rキーでファイル名を指定して実行を起動。”ff”と入力してエンター。

Firefox
 ちゃんとFirefoxが起動しました(動画じゃないので分からないと思いますが)。試しに、”ごみ箱”と日本語で入力して実行してみると、ちゃんとごみ箱が起動しました。日本語もOKだそうです。なお、”opera”と入力して実行するとちゃんとOperaが起動しました。大文字小文字も関係ないみたいです。
 ただ、本当はここのブログのアドレスの、インターネットショートカットファイルで例を示そうと思ったのですが、インターネットショートカットファイルではうまくいかないようでした。

余談 ―ショートカットキーでプログラムを開くようにする―

Firefox
 余談ですが、自分はいくつかのショートカットファイルにはショートカットキーを設定しています。一応やり方を説明しておくと、ショートカットファイルを右クリックしてプロパティを選択、ショートカットキーの入力欄にカーソルを置き、適当なキーを押します。文字キーを押すと自動的にCtrl+Altがつくと思いますが、Ctrl+Shiftを押しながら文字キーを押すと、Ctrl+Shiftがつくと思います。ファンクションキーだけ押すと何もつかないようです。
 

このようにして、特別なソフトを入れずに簡単に特定のファイルを実行することができます。

IE,Firefox,Chrome、三大ブラウザのショートカットキー比較まとめ

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

家のPCでは基本、Chromeのみの利用ですが、会社ではFirefox,Chrome,IEを使い分けています(だいたい業務用にIE、調べごとにFireFoxという感じです)。ただ、使い分けているうちに微妙なショートカットキーの違いで困ったことになることがたまにあります。

というわけで今回は、IEとFireFoxとChromeのブラウザならではのショートカットキーをまとめて比較してみます。試してみた環境は、IE9、Firefox9、Chrome16とすべて現在の最新版です。複数あるものは、二種類まで書いています。

IE Firefox Chrome
全画面表示 F11
ホームページに移動 Alt+Home
次のページに移動 Alt+→
Shift+Backspace
前のページに移動 Alt+←
Backspace
右のタブに移動 Ctrl+Tab
Ctrl+PageDown
左のタブに移動 Ctrl+Shift+Tab
Ctrl+PageUp
ページの先頭に移動する Home
Ctrl+Home
ページの末尾に移動する End
Ctrl+End
Webページの更新 F5
Ctrl+R
スーパーリロード Ctrl+F5
Ctrl+Shift+R Shift+F5
ページのダウンロードを中止 Esc
プライベート(シークレット)モード Ctrl+Shift+P Ctrl+Shift+N
履歴の消去 Ctrl+Shift+Delete
アドレスバーの文字列選択 Alt+D
Ctrl+L
直前に閉じたタブを開く Ctrl+Shift+T
現在のタブを閉じる Ctrl+W
Ctrl+F4
お気に入りを開く Ctrl+I Ctrl+Shift+B
Alt+C Ctrl+B
お気に入りの整理 Ctrl+B Ctrl+Shift+O
履歴を開く Ctrl+H
ダウンロード履歴を開く Ctrl+J
新規ウィンドウ Ctrl+N
新しいタブを開く Ctrl+T
特定のタブを開く Ctrl+数字キー(1~8)
(アドレスバー選択時)新しいタブでウェブアドレスを開く Alt+Enter
タブ複製 Ctrl+K
Alt+D+Enter
一番右のタブに切り替える Ctrl+9
拡大する Ctrl+正符号(+)キー
縮小する Ctrl+負符号(-)キー
元の大きさにする Ctrl+0
検索窓にフォーカス Ctrl+E
Ctrl+K
お気に入りに追加 Ctrl+D
開発者ツールを開く F12(FireFoxはFirebugを入れてる場合)
Ctrl+Shift+I
ページのコード表示 Ctrl+U
カーソルブラウズ F7

特に自分がよく間違うのは、検索窓フォーカス。Firefoxを使い始めたころに、「Ctrl+Kで検索にフォーカス」なんてことを聞いたものだからずっとCtrl+Kでやっていたのですが、IEでCtrl+Kをやるとタブが複製してしまいます(この機能はこの機能でよく使ってますが)。検索フォーカスは、Ctrl+Eのほうが全共通でいいかもしれません。

ところで、タブ複製のAlt+D+Enterのやり方は公式ではありません。アドレスバーの文字列選択のAlt+Dと、新しいタブで開くAlt+Enterを組み合わせたものです。なので、正確にはAlt+D→Alt+Enterなのですが、これでも通用するそうなので書きました。元々、「ライフハッカー」というサイトで知ったやり方です。
Chromeユーザ向け、ショートカットキーでタブ複製する超カンタンな方法

また、ページの一番上、一番下のショートカットキーにCtrlキーをプラスしたものものっけているのは、自分がCtrl+Home、Ctrl+Endでやることが多いためです。テキストエディタだと、Ctrlキーを付けないと、ページの上や下に行ったりしないので。

間違いや、他にもやり方があるという場合はお教えください。