ExcelのVBAでニコニコ動画APIを読み込んでみる


ちょっとExcelでニコニコ動画のAPIを読み込みたいと思ったので、試してみました。

まずは、下記のようなシートを用意。
VBA実行前
作りたいのは、A列の2行目以降に動画IDを書いて、その左側にその動画の情報を書き込んでいくというもの。

VBAはほとんど触ったことがないので、Rangeプロパティだとか、Offsetプロパティだとかの概念がよく分かってなかったのですが、なんとか作ることができました。

XPathにはあまりなれてないのですが、属性で判断するカテゴリータグを取得したいということもあり、XPathを利用することに。
19行目で動画情報が取得できたかどうかの可否、25行目でユーザーIDがあるかどうかの可否、28行目でカテゴリータグがあるかどうかの可否を調べて条件分けしてます(動画情報が取得できたどうかは、If文じゃなくて、For Each文を使ってるので、間違ったつかいかたかもしれません)。

というわけで、実行してみました。
VBA実行後
相変わらず、カテゴリーがうまく取得できていないところがありますが、他は問題なくいけたようです。
ありえない動画ID(この例では、sm1とaiueo)は動画情報を取得していませんし、ユーザーIDやカテゴリーも見つからなかったものは飛ばしているよう。数値のみの動画IDの動画情報もうまく取得できました。
今気づいたんですが、カテゴリータグってタグの一番目とは限らないんですね。てっきり、一番目なのかと・・・。ということは、カテゴリーが取得できない場合、一番目のタグを見て判断するという方法は使えないのか・・・。

ところで、自分が使ってるExcelはExcel2010なのですが、Excel2013だとWEBSERVICE関数なんていう便利なものがあるよう(参考:Excel 2013で追加された「WEBSERVICE」関数を使って、マクロを使わずWeb APIを利用する。 | 初心者備忘録)
何これ。すごい便利そう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。