『須藤元気Present’s WORLD ORDER LIVE』に行ってきた


[須藤元気Present's WORLD ORDER LIVE ~Beginning of the WORLD~ supported by DELL]at 大阪 | SPACE SHOWER MUSIC [A Division of SPACE SHOWER NETWORKS INC.]
2012年1月8日、京橋駅近くの松下IMPホールにて須藤元気率いる”WORLD ORDER”のライブに行ってきたので、その感想について書いていきます。

WORLD ORDERとは何ぞやという人は、以下の公式サイトとWikipediaをご覧ください。
WORLD ORDER オフィシャルサイト
WORLD ORDER – Wikipedia
 簡単にいうと、元格闘家の須藤元気が、6人のダンサーと組んで、ロボットのような動きなど少し変わったダンスをするパフォーマンスユニットです。
 YouTubeにも公式チャンネルがあるので、是非視聴することをお勧めします。
crnaviofficial さんのチャンネル
 IT業界の世界的イベントであるWPCで公演したことを知ってる人も多いかもしれません。
須藤元気率いる「World Order」が世界的IT系イベント「WPC 2011」でパフォーマンスを披露。:マニタメBLOG

そんなWORLD ORDERですが、実はつい最近まで知りませんでした。知ったきっかけは金曜日の夜にやっている「中居正広の金曜日のスマたちへ」(略して「金スマ」)の11月18日放送にゲストとして登場した時です。

あっ、そうそう。今回のライブチケットは自分で購入したものではなく、DELLのサイトで行っていたプレゼントキャンペーンに応募して当てたものです。
Genki Sudo presents World Orderライブチケットプレゼントのお知らせ|デル株式会社
 ちょうど金スマを見て数日たった時に知り、興味があったので応募したんだと思います。思いますというのはつまり、実は応募したことを曖昧にしか覚えていないのです。チケットが届いた時も「何だこれ? 須藤元気? ライブチケット? 何でこんなもん応募したんだ」という気持ちでした(調べて金スマに出ていたグループと分かり、何となく応募したことを思い出しましたが)。

前置きはこのぐらいにして、ライブの感想を。演目リストは以下のような感じです。

  • オープニング(ウォーキング)
  • A BRAVE NEW WORLD
  • BLUE BOUNDARY
  • BOY MEETS GIRL
  • MIND SHIFT
  • MACHINE CIVILIZATION
  • 2012
  • WORLD ORDER
  • アンコール(曲名は忘れたけど、パフォーマンスではなく歌っていた)

他にも間にいくつかコントのような演目などがありました。また、曲の間に次の演目についての紹介があったわけではないので、どこまでがその曲の演目だったのかはわかりません(『BOY MEETS GIRL』は分かりましたが)。

始まりは、何の前触れもなく、舞台の端から須藤元気が歩いてき、真ん中で立ち止まるというものでした。てっきり、音楽が鳴って動き出すものかと思ったら、30秒ほどたって何事もなくまた歩き出しました。ここで笑いが起きたのを覚えています(自分は、止まってるときすでに、笑いそうになりましたが)。

簡単に一言で感想をいうと、「驚嘆した」という言葉があってるかもしれません。あんな動きが人間に可能なのかと。かなりスローな動きをするかと思ったら、かなり高速に動き出すこともある。横に向いてるかと思ったら、素早く前を向く。その間に斜めの向きがあるはずなのだけれども、全然分からない。
 最も仰天したのは、言葉では説明しにくいです。仰向けで真っ直ぐ寝転がっているのを、後ろの人が軽く肩を持ち上げ、そのままの体制で立つ(つまり直立)というパフォーマンス。あんなことが人間業で可能なことに驚きました。

最近はテレビにもよく出るようになったらしく、今後の活躍にも期待をしたいグループとして、これからも注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。