File APIを使ってファイルデータのbase64変換


HTML5のFile APIを勉強しているときにbase64というものを知りました(wikipedia:Base64)。というわけで、今回は勉強したFile APIを使って作った簡単なプログラムの掲載。なお、IE9には対応していないようです。



画像などのファイルを選択すると、base64のdataスキームURIがテキストエリア内に表示されるはずです。画像やHTMLファイルの場合、コピーしてブラウザのアドレスバーに貼り付けると、ブラウザにちゃんと表示されると思います。
 特に、画像を扱う場合に、どこかのサーバーにアップロードせずに画像を表示することができるため、重宝される使い方です。ただし、サイズ自体は元のファイルより大きくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。