【PR】僕が本を買うとき、Amazonよりもbk1を使う事が多い理由(おまけ付き)

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

みなさんは、インターネットで本を買うとき、どこを利用することが多いですか? Amazonですか? 楽天ブックスですか? 僕はその二つも使うときはあるのですが、大概はbk1というオンライン書店を利用しています。


ではなぜ、1500円以上買わなくても送料無料になり、レコメンド機能もすぐれているアマゾンではなく、bk1なのか、その理由を書いていきたいと思います(といっても、bk1にも簡単なレコメンド機能はありますし、最近はずっと送料無料キャンペーンをやっています)

1.どの商品でもポイントがつく

正直、アマゾンで本を買っても、ポイントがつくことがあまりありないように思います。ですが、bk1ではどの商品を購入しても一律1%のポイントがつきます。また、付与ポイントが増えるキャンペーンや、特定の本を購入したら多くポイントがもらえるキャンペーンもよくやっているので、お得です。
 オンライン書店ビーケーワン: ガイド&ヘルプ>ご利用ガイド bk1ポイント倶楽部

2.『あしあとキャンペーン』でさらにポイントを増やせる

あしあとキャンペーン
 bk1では、上記の画像のような『あしあとキャンペーン』というのを毎月行っています。これは、毎日ログインして『あしあとを残す』ボタンをクリックするだけで、足跡を残した分だけのポイントがもらえ、さらにひと月に10日以上残した人にはプラス10ポイント、20日以上でプラス50ポイント、皆勤賞でプラス100ポイントが翌月頭にもらえます。つまり、31日ある月を毎日かかさず足跡をつけていたら、131ポイントがもらえるということです。足跡を残すぐらい、一分もかからないので、自分は朝パソコンをつけたらまずビーケーワンで足跡をつけることにしています。たまに忘れた時はショックです。
 自分はやってないのですが、他にも、書評を書いたり、ポイントモールというところで、何か購入したり資料請求したりすることでポイントがもらえるそうです。

3.300円ギフト券がよく届く

3000円以上購入限定ですが、300円安くなるギフト券がよくメールで届きます。3000円で300円引きとなると、10%引き。大学の生協と同じぐらいの値段で買えるようなものです(まあ、税引き前3000円以上なのですが・・・)。たまにですが、1500円以上で150円引き、5000円以上で500円引きというギフト券も届きます。

4.ドル箱経由でもっとお得に

『ドル箱』という、1ポイント1円分のポイントサイトがあります。ここ経由でbk1で商品を購入することにより、ドル箱のポイントがもらえるという仕組みです。
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱
 ここは、他のポイントサイトと比較してみて高還元率なところが多いのですが、bk1もそのうちの一つ。何と4%ポイント還元。もらったポイントは現金交換できるので、実質値下げのようなものです(交換手数料がかかるものもあります)。さらに本が好きな人にはうれしい話。1ポイントから『ドル箱ブックス』というオンライン書店で使うことができます。
 また、ドル箱のbk1ページには、先ほど紹介したギフト券コードが書かれていることも多いです。これは、メールに届くコードと違うので、メールに届いたギフト券コードは使ってしまった、またメールには届いてないという人は一度チェックしてみるといいかも。

2012年1月24日に購入した時の話

最後に例を示します。2012年1月24日に僕は、『日経ソフトウエア2012年3月号』と『標準HTML5タグリファレンス WEB PROFESSIONAL』という本を購入しました。
注文履歴
 小計3385円ですが、そこからメールにて届いていたギフト券を使い、300円安くなりました。さらに、前月に足跡キャンペーンでためた131ポイントを使い、2954円に。これだけでほぼ13%引きです。
 さらに、まだ判定中ではありますが、ドル箱にて128ポイントが付与される予定です。
ポイント履歴
 もちろん、今回購入した商品の1%分のビーケーワンポイントが、2月に入る予定となっています。これなら値段によっては、生協で買うよりかなりお得です。生協で本を買うことで得した気分になっていた大学生の自分に教えてやりたいところです。

ただし、欠点もないことはないです。まず、アマゾンと比べて商品が届く時間が遅いような気がしますし、アマゾンと比べて商品数も少ないです。1500円以下だと送料有料ですしね(2012年1月30日現在では、送料無料キャンペーンを実施中です)。ただ、それを除けばかなりお得感のあるオンライン書店なので、オススメします。

おまけ-僕がAmazonで本を買うとき-

本を買う回数で言えば、圧倒的にbk1のほうが多いですが、それでもAmazonで買うことも時々あります。それはどういう時か、最後に書いていきます。

1.予約してでも買いたい商品が、1500円以下の時

bk1でも予約はできます。ただ、bk1は1500円以下だと送料が有料となります。送料無料キャンペーンの時でも、キャンペーンを過ぎた後に発売だと有料です(2月1日追記:キャンペーンが過ぎた日に発売でも、送料無料みたいです。【ビーケーワン】国内全品送料無料!キャンペーン。ただ、アマゾンと違って発売日に届くことはまずないです)。なので、予約してでもほしい商品は、アマゾンで買います。涼宮ハルヒの驚愕とか・・・。

2.bk1で売ってないけど、amazonで売ってる商品

bk1では洋書は売ってません。amazonでは洋書も売っています。というわけで、bk1で売ってない商品はamazonで買います。なお、洋書といっても、英語版 涼宮ハルヒシリーズののペーパーバックです。ただ、読まずに溜まっていく・・・。

3.Amazonポイントや、ギフト券コードをもってる

とはいっても、こういうのを持っていても、上に書いたように予約商品や、bk1で売ってない商品に使うことのほうが多いのですが。でも、たまにギフト券をもらう(懸賞のようなもので当たる)こともあるのでそれ以外の商品についても使います。
 さて、今回のエントリーではbk1について書いていますが、それでもamazonのほうがいいという人にお得情報。なんと、ポイント交換サービスのPeXでは、500円分のアマゾンギフト券を、4900ポイント(490円分のポイント)で交換できます。
 Amazonギフト券にPeXポイントを交換 | ポイント交換のPeX
ポイント交換のPeX
 このPeXは、先ほど紹介したドル箱などのポイントサイトのポイントと交換して、現金などに交換できるポイントサイトです。例えば、先ほどのドル箱でポイントをためてPeXのポイントと交換し、そこからアマゾンギフト券に交換するという使い方ができるわけです。

アマゾンキャンペーンを行っている

アマゾンキャンペーンとは、アマゾンで本を購入することにより、特典などがもらえるキャンペーンのことです(●アマゾンキャンペーンとは?:アマゾンキャンペーン総合サイト)。
 こういう特典には弱いのです・・・。もちろん、特典の内容によりますが。

amazonの「持っています」にチェックを入れる3つの方法

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

2015/11/08追加
未だに、『amazon 持っています』と検索するとこのページが上の方にヒットしますが、2015年11月8日現在は、1番の『おすすめ商品ページからチェック』の方法でしか、持っていますにチェックをつけることができなくなっているようです(参考:アマゾンの「持っています」登録方法: アマゾンの「持っています」登録が変更された!)。

2015/11/12追記
がんばってブックマークレットを作ってみました。
amazonの「持っています」に登録するブックマークレット作った | while(isプログラマ)

レコメンド機能の代名詞といっても過言じゃない、アマゾンのおすすめ機能。
アマゾンおすすめ機能

今まで買ったものによっては、ちょっと人には見せたくないような商品が上のほうにでてきてしまったり、自分は買わないだろなと思うものもおすすめされたりするのですが、何だかんだで重宝しています(上位がなぜかまどかマギカ関連ばかりな上に、自分はアニメ映像ソフトは滅多に買わない)。

ただ、自分は本を買うときはだいたいアマゾンよりbk1で買うことのほうが多いので(その理由はそのうち書こうと思います)、買った商品は「持っています」にチェックをつけておすすめ機能に反映させる必要があります。ただ、昔は商品ページにそのチェックボックスがあったのですが、今はなくなってしまっています。
 ただ、「持っています」にチェックを入れる方法は存在するので、そのうち自分の知ってる3つの方法をメモとして書いていきたいと思います。

1.おすすめ商品ページからチェック

だいたい、おすすめ商品機能は商品を買う参考にあるものなので、おすすめ機能にある商品を買うことも多いはずです。ということは、おすすめ商品ページに買った商品があれば、そこからチェックを入れるという方法があります。
おすすめ商品ページからチェック
 まあ、これは書くまでもないかもしれませんが・・・。

2.ほしい物リストに商品を入れた後、削除してチェック

これはよく聞く方法だと思います。まず、商品ページから「ほしい物リストに追加する」をクリックしてほしい物リストにその商品を入れます(もちろん、ほしい物リストに入れる方法であれば、他の方法でもかまいません)。
おすすめ商品ページからチェック

次に、先ほどの商品を入れたほしい物リストのページに移動し、先ほどの商品をおすすめリストから削除します。
おすすめ商品ページからチェック

そうすると「持っています」のチェックボックスが表示されるので、そこをチェックすることで、おすすめ機能に反映されます。
おすすめ商品ページからチェック

3.「商品を評価する」ページの検索ボックスから検索してチェック

最後が一番簡単かもしれません。自分はこの前まで知りませんでした。まず、「マイストア」のページや「おすすめ商品」ページのナビゲーションにある「商品を評価する」というリンクをクリックします。
おすすめ商品ページからチェック

そうすると”評価する商品を検索する”という検索ボックスが表示されるので、そこに「持っています」にチェックを入れたい商品を入力して検索します。
おすすめ商品ページからチェック

そうすると、「持っています」のチェックボックス付きの検索結果が表示されるので、そこにチェックをすることで、おすすめ機能に反映されます。
おすすめ商品ページからチェック

というわけで、みなさんもアマゾンのおすすめ機能を活用してみましょう。ただ、頼りすぎるのも禁物です。いつも買っているシリーズものの新作が、おすすめ商品ページにでてこないということもよくあるので・・・。

このブログを作る際、twentyelevenのCSSで変更したこと

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

ここのブログでは、WordPressに標準で入っているtwentyelevenというテーマを少し改造したものを使っています。今回はどこをどう変更したのか、その一部を書いていきます。

Before

before

After

after

ヘッダー背景をデコレーションに

Before

ヘッダー背景をデコレーションに

After

ヘッダー背景をデコレーションに

ヘッダーの背景にCSS3のグラデーション機能で色をつける変更をしました。ただ、CSS3の機能を使ってみたかっただけ。IEには対応してないので、IEでは単色で表示されているはずです。

ナビゲーション等の角を丸く

Before

ナビゲーション等の角を丸く

After

ナビゲーション等の角を丸く

ナビゲーションやメインのコンテンツ、サイドメニューなどの角をborder-radiusで丸くしています。ただ、CSS3の機能を使ってみたかっただけ(二回目)

一つの段落(pタグ)に1文字分のインデントを入れる

Before

ヘッダーの幅を細く

After

ヘッダーの幅を細く

一応、見やすいかなと思って、ひと段落ごとにインデントをつけています。改行一つ分だと、同じ段落だと判断されてしまうようなので、たまに全角スペースを使うこともありますが。

ヘッダーの縦幅を細く

ヘッダーの幅を細く

After

ヘッダーの幅を細く

どうやらこの縦幅は、タイトルやブログの説明部分にかかってるpaddingが原因のようなのでそれを0に変更。

他にもエントリーのタイトルフォントを少し大きくしたり、マージンやパディングをいろいろ変更したりあるのですが、どの部分か自分もはっきり覚えてるわけではないのでこのあたりで。

なお、このブログではキーボードのCを押すだけでスタイルシートを変更するように設定しています。試しに、Cキー(1月29日追記:Ctrl+Cで文字列コピーしようとしても変更しちゃうので、/キーに変更しました)を押してみてください。あっ、もう一度押しても元に戻らないので注意。

なお、代替スタイルシートとして、元のtwentyelevenのCSSを指定しているので、代替スタイルシートが使えるブラウザでは試しに変更してみてください。IEならメニューの表示(Altキー+Vキー)→スタイル→twentyeleven。Firefoxならメニューの表示(Altキー+Vキー)→スタイルシート→twentyelevenとなります。Chromeでの代替スタイルシートへの変更方法は分かりませんでした。調べてもよく分からなかったので、多分できないのだと思われます。

僕がGoogle Chromeに入れて使っている拡張機能14個+α

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

前回と似たようなエントリーですが・・・。前回と同じく、日本語で書かれた参考サイトと、インストールページのリンクを貼ってます。

AutoPager Chrome

記事が分割されているページなどで、自動的に次のページの内容をページの下に表示してくれる拡張機能。他にもAutoPage系プラグインはあるのだけれども、無難そうなのを使ってる。たまに、同じページのみ繰り返しでたり、記事じゃないところのみが繰り返しでることもあるのだけれども・・・。
Chrome AutoPage系はどれがいいの?(Extensions) 【 とある濁酒の便利ツール 】
Chromeで【次へ】のクリックいらず! 面倒なページめくりから開放されるエクステンションAutoPager Chromeで遊ぼう!!
Chrome ウェブストア – AutoPager Chrome

Better History

Chromeの履歴を使いやすくする拡張機能。ちなみに、Chromeの履歴ページを開くショートカットキーは、Ctrlキー+Hキーです。
これはすごい!Chromeの履歴が見違えるほど使いやすくなるエクステンション「Better History」 | Chrome Life
Chrome ウェブストア – Better History

Evernote Web クリッパー

ウェブをクリップしてEvernoteに保存してくれる拡張機能。あまりEvernoteにウェブクリップして入れることはないのだけれども、たまにやりたくなるページがあるので入れてる。
Chrome拡張 Evernote ウェブクリッパーver up・「Evernoteにクリップ/画像のみをクリップ」が右クリックメニューから可能に|DS PSP初心者用講座
Chrome ウェブストア – Evernote Web クリッパー

Gestures for Chrome(TM)

マウスジェスチャーでChromeを操作する拡張機能。僕は、『↓』を『URLとタイトルを…でコピー』にしています。初期設定だと、『↓』や『新しいタブを開く』なのですが、タブを閉じようと『↓→』として、間違って『↓』と認識されてしまったときに困るので。たまに、認識しないページがあって困る。新しいタブのページとか。
ほがブログ マウスジェスチャー「Gestures for Chrome」の説明書
Chrome ウェブストア – Gestures for Chrome(TM)

Google Mail Checker

Gmailの新着メール数を表示し、クリックするとGmailを開くボタンを設置してくれる拡張機能。を使っていたのだけれども、今調べてみると”Mail Checker Minus“(元々、”Google Mail Checker Plus”という名前だったらしい)というのがあると知り、こっちのほうが便利そうな気がするのでこっちに変えてみることに。
機能拡張「Google Mail Checker」とは? | Googleを使いこなす
Chrome ウェブストア – Google Mail Checker
Google Mail Checker Plus から Minusへ|John Smith’s Blog

Image Properties Context Menu

画像を右クリックしてでてくるメニューに、画像のプロパティを見ることができるウィンドウを追加してくれる拡張機能。実はほとんど使ってない。そもそも、今整理するまで、入れてるのを忘れていた。dataスキームURLに変換してくれる機能もある。
Chromeでも右クリックから画像のプロパティを見たい方に最適なアドオン「Image Properties Context Menu」 : ライフハッカー[日本版]
Chrome ウェブストア – Image Properties Context Menu

Keyconfig

自分で好きなようにショートカットキーを設定して、Chromeを操作できる拡張機能。さっき、”Gestures for Chrome”でうまく動かないページがあったので導入(えっ? さっき?)。結局、”Gestures for Chrome”が動かないところは、この拡張機能でも動かないようだ・・・。でも、とりあえず好きなURLにショートカットキーで飛べるのは便利そうなのでいろいろ設定しておいた。Shift+e(つまり、大文字のE)で拡張機能の設定ページに飛ばしたり。
ブロガー必須!のChromeエクステンション「Chrome Keyconfig」の設定方法 | OZPAの表4
Chrome ウェブストア – Keyconfig

Mailto: for Gmail™

mailtoのリンクをクリックしたときに、Gmailを開くようにする拡張機能。全く活用してないのだけれども、間違ってクリックしてしまったときにoutlookがいちいち開かないようにするために使っている。それだけなら、もしかしたら他にもっといいやり方があるかもしれないのだけれど。
Mailto: Chrome拡張 mailtoリンクをクリックしたときにGmailの新規作成画面を開く Ubuntuアプリのいいところ
Chrome ウェブストア – Mailto: for Gmail™

Pendule

ウェブ制作する人用の拡張機能。ウェブ制作をするうえで便利な機能がいろいろある。IE開発者ツールにあるツールの機能にあるようなことができる。それぐらいなら、Chromeの開発者ツールにも最初からついていてほしい・・・。
Google ChromeをWebサイト制作で用いる「Pendule」 – MOONGIFT|オープンソース・ソフトウェア紹介を軸としたITエンジニア、Webデザイナー向けブログ
Chrome ウェブストア – Pendule

RSS Subscription Extension(by Google)

RSSがあるページを開くと、アドレスバーの右側にRSSのアイコンを表示し、クリックすると設定ページを開く拡張機能。Googleリーダー使ってるので、直接登録できるのでもいいのですが、なんとなくこっちを使ってる。
小粋空間: Google Chromeでフィード登録ができるようにする拡張機能「RSS Subscription Extension」
Chrome ウェブストア – RSS Subscription Extension(by Google)

Screen Capture (by Google)

開いているページをスクリーンキャプチャしてくれる拡張機能。先日まで、類似のwebページショットという拡張機能を使っていたのだけれども、ヘッダとフッタに付与されるテキストを最初から消す方法が分からなかったので乗り換え。ただ、webページスクリーンショットのほうには切り抜き機能があるので、迷いはしました。
Google製スクリーンキャプチャー拡張 “Screen Capture” に乗り換えた! – Gadget Girl
Chrome ウェブストア – Screen Capture (by Google)

Text URL Linker

リンクの貼ってないURLのテキストに、リンクをつける拡張機能。後に続けて文字が入ってたりすると(例えば、””で囲ってる)、うまくいかない時があります。
リンクになっていないURLにリンクを貼ってくれる拡張機能「Text URL Linker」*二十歳街道まっしぐら(FC2ブログ時代)
Chrome ウェブストア – Text URL Linker

Weblio 英和辞典エクステンション

英単語のテキストをマウスオーバーすると、その英単語の日本語を表示してくれる拡張機能。英語は苦手なので・・・。
Weblio 英和辞典エクステンション – Chromeアプリ100
Chrome ウェブストア – Weblio 英和辞典エクステンション

はてなブックマーク GoogleChrome 拡張

はてなブックマークのChrome拡張機能。開いたページのブクマ数を表示したり、ブックマークしたりできる。そのページに対するコメントが簡単に閲覧することもできる。
はてなブックマークGoogle Chrome拡張で新しい情報を発見しよう
Chrome ウェブストア – はてなブックマーク GoogleChrome 拡張

もっといい拡張機能はあると思うんですけどね。できるだけ厳選して使ってます(その割には使ってないのがいくつか見受けられますが・・・)。

おまけ-使ってるけど、使う人が限られそうな拡張機能-

ニコ動履歴

ニコニコ動画の視聴履歴を保存してくれる拡張機能。公式だと、最新30件しか表示されないうえに、拡張機能だと便利な検索機能もあるので。ライフログとして、たまにクリップしてエバーノートに入れてます。
Chrome ウェブストア – ニコ動履歴

楽天スーパーサーチ

入れてると、楽天で検索すると楽天ポイントが貯まる拡張機能。正直、あまり教えたくはない。上限まで検索すると、だいたい6ポイントぐらいがもらえる。
Chromeで検索するだけで楽天スーパーポイントが貯まる拡張機能「楽天スーパーサーチ」 : ライフハッカー[日本版]
Chrome ウェブストア – 楽天スーパーサーチ

このブログで現在使用しているWordPressプラグイン23個まとめ

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

自分用メモ。プラグインの説明文を見ても、だいたいが英語なのでいったいどれが何なのか分からなくなってしまうことがあるので・・・。参考になる日本語で紹介してるウェブページと、インストールページのリンク付き。

AddQuicktag

投稿画面にある<b>とか<i>とかのボタンに、独自のボタンを増やすプラグイン。とりあえず、後で紹介する”Lightbox 2″と”WP-Syntax”用のボタンを追加してる。
お手軽WordPress Tips:コンテンツをサクッと表示させるショートコードを作る & 超絶便利プラグインAddQuicktag – かちびと. net
WordPress › AddQuicktag « WordPress Plugins

Adminer(データベース管理)

phpMyadminを使わず、直接データベースを編集するプラグイン。自分の環境では日本語の説明文と名前になっている。まだちゃんと使ったことはない。正直、どういう経緯で入れたのかすら覚えてない・・・。多分、そのうち使う。
ワードプレス プラグイン Adminer
WordPress › Adminer « WordPress Plugins

Akismet

WordPressに最初から入っている、セキュリティ系プラグイン。登録画面が英語ばかりで最初戸惑った覚えが・・・。
Akismetの使い方とAPIキーの取得方法 – WordPressのプラグイン | コメントスパム対策 | SEOテンプレート比較
WordPress › Akismet « WordPress Plugins

Breadcrumb NavXT

パンくずリスト(階層)表示用。今のところ、ここのブログだと記事エントリーページにしか表示されないように設定。ただたんに上のオレンジの部分の左側に何か入れたいと思って導入した。
Breadcrumb NavXTでパンくずリストを表示 | WPカスタマイズ備忘録
WordPress › Breadcrumb NavXT « WordPress Plugins

Broken Link Checker

リンク切れをチェックしてくれるプラグイン。もうちょっと投稿数増えてから入れようと思ったけど、忘れそうなので入れておいた。
Broken Link Checker(リンク切れ確認用プラグイン)の導入方法と使い方
WordPress › Broken Link Checker « WordPress Plugins

Custom CSS and JavaScript

カスタムフィールドを用いて、CSSやJavaScriptを追加できるプラグイン。いつもCSSやJavaScriptの記事を書くときに、例を書くのに困っていたので導入。今までCSSだとテーマのstyle.cssを編集したり、タグに直接記入していた。JavaScriptは投稿の最後に書いてた(多分、やっちゃいけない)。
WordPressの記事ごとに個別のCSS, JavaScriptを追加できるプラグイン -Custom CSS and JS | コリス
WordPress › Custom CSS and JS « WordPress Plugins

Exec-PHP

記事内でもPHPを実行することができるプラグイン。まだ使ってない。試しに使ってみる。

PHPのバージョン:5.3.3
 できた。
WordPressの記事内でPHPを実行するプラグイン、Exec-PHP – ミblog : レビューや日常など
WordPress › Exec-PHP « WordPress Plugins

Executable PHP widget(PHP Code Widget)

ウィジェットにPHPを実行できるプラグイン。名称が二つあるようで、最初検索してもよく分かりませんでした。今も使ってるのですが、なぜかPHPは使ってません・・・。テキストウィジェットの存在に気付かなかった・・・。
PHP Code Widget – ウィジェット(Widget)サイドバーでPHPを使えるようにするプラグイン
WordPress › PHP Code Widget « WordPress Plugins

Google Analytics for WordPress

WordPressのページのコードに、自動的にGoogle Analyticsコードを埋め込んでくれるプラグイン。いろいろ設定項目があるけど、正直まだよく分かってない。
Google Analytics for WordPress | プラグイン | WordPressの歩き方
WordPress › Google Analytics for WordPress « WordPress Plugins

Google XML Sitemaps

sitemap.xmlを自動で作成してくれるプラグイン。更新すると、検索エンジンに通知してくれるらしい。
【Google XML Sitemaps】sitemap.xmlを自動作成し、サイトマップ登録がスムーズに完了するプラグイン – ひなログ
WordPress › Google XML Sitemaps « WordPress Plugins

Head Cleaner

<head>内や、フッタ領域を整形してくれるプラグイン。表示が速くなるらしい。
Head Cleaner – サイトのヘッダとフッタを整形し最適化&高速化を行うプラグイン
WordPress › Head Cleaner « WordPress Plugins

HeadSpace2

SEO系のWordPressプラグイン。最初使い方分からなくて、間違えてすべてのページのタイトル(<title>内)をブログタイトル名と同じにしてしまった。有名な『All-in-one SEO Pack』よりいいとも聞いたので導入したのだけれども、まだあまり活用できていない。
WordPressのSEOに千手観音プラグイン、HeadSpace2・使用方法まとめ – かちびと. net
WordPress › HeadSpace2 SEO « WordPress Plugins

Lightbox 2

画像をクリックすると、実際の大きさの画像が前面に表示されるプラグイン。言葉で説明するのは難しいので、下の画像をクリックしてみてください。
一
こんな感じです。
クリックするとギューンと画像が大きくなるWordPressのプラグイン「Lightbox 2」の使い方 – オレンヂ
WordPress › Lightbox 2 « WordPress Plugins

MO Cache

.moファイル(翻訳ファイル)のキャッシュを作成するプラグイン。
WordPress をたった3分で3倍高速化する方法 [MO Cache] – カワイイはつくれる
WordPress › MO Cache « WordPress Plugins

RSS Footer

RSSフィードの最後に、ブログタイトルなどを載せるプラグイン。コピーブログ効果があるんだとか。一応、そういうサイトにパクられるような記事を書いていこうとは思っているので・・・。
RSS FooterでWordPressのRSSに情報を入れてコピーブログを防ぐ | 秋元
WordPress › RSS Footer « WordPress Plugins

Search Meter

ブログ内検索で何が検索されたか分かるプラグイン。今回整理していて存在を思い出した。けど、今見てみたら”Summary”に何も表示されないほど、ほとんど検索されてなかった・・・。
ワードプレス プラグイン Search Meter
WordPress › Search Meter « WordPress Plugins

Twitter Goodies

Twitterを表示するプラグイン。右のサイドバーにあるやつ。
Twitter Goodies Twitterを表示するプラグイン | tomoがWordPressを使ってみる
Twitter Goodies(ツイッターボタン/ウィジェット)の日本語説明 | WordPressのプラグインを使い倒そう!
WordPress › Twitter Goodies « WordPress Plugins

WP-DBManager

データベースの内容をバックアップするプラグイン。便利そうと思っていれたものの、まだちゃんと使ってはない。
バックアップ用プラグイン WP-DBManager
WordPress › WP-DBManager « WordPress Plugins

WP-Syntax

ソースコードをそれらしく表示してくれるプラグイン。

こんな感じで。
WP-Syntax | ソースコードをハイライト表示 WordPressプラグイン
WordPress › WP-Syntax « WordPress Plugins

WP File Cache

高速化用プログライン。上にも書いた、WordPress をたった3分で3倍高速化する方法 [MO Cache] – カワイイはつくれるで知った。
WordPress Plugin WP File Cache 使用報告 | mrta26.com
WordPress › WP File Cache « WordPress Plugins

WP Multibyte Patch

WordPress日本語版に初めから同梱されているプラグイン。マルチバイト文字に対応してくれているらしい。
WP Multibyte Patch | EastCoder;

WP Social Bookmarking Light

ソーシャルブックマーク等のボタンを設置してくれるプラグイン。エントリー記事の上のほうにつけてます。
Twitterやはてなブックマーク、Facebookボタンをブログに設置する方法 – WordPressのプラグイン | WP Social Bookmarking Lightの使い方 | SEOテンプレート比較
WordPress › WP Social Bookmarking Light « WordPress Plugins

WP to Twitter

WordPressに記事を投稿すると自動でTwitterに投稿してくれるプラグイン。他にもいろいろ試してみたのだけれども、うまく投稿できなかった。
Re: » WPとtwitterを連携させるプラグインWP to twitter
WordPress › WP to Twitter « WordPress Plugins

整理してみて思ったけど、これって別に必要なくないかと思うプラグラインもいくつか・・・。使ってないのは早く使うかアンインストールするかしろよと自己突っ込み。後、英語読めるようになれよと。